中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
プレスリリースの方法について
 マスコミへのパブリシティ、どのようにプレスリリースを作れば
良いのか質問がきました。そのときの答えを参考になると
思いますので掲載しましょう。

 大型百貨店への進出が決まった美容サロンの場合です。
1)取引したことのある雑誌社というと、
 美容・ファッション関係の雑誌などでしょうか?
 そうした雑誌などは、社会性と直接結びつくことを
 大きく取り上げることは少ないでしょうから、
 美容関連の出来事として、どこが新しいのか訴える文章を作ることが
 良いと思います。
今回の動きは、どんな注目すべきプロジェクトなのか
その中で、どのような位置づけでどこが注目すべきことなのか
そこに新たに投入するサービス・商品はどのようなものか
※必ず新しい動きなんだ、という視点を入れましょう。
 既にやっていたサービスや商品でも、新しい動きなんだ!
 という視点を入れて文章を作るのが良いです。
 勿論、この場合、ポイントはになりますね。
 がちょいとプロローグとしてあって、
 がプラスされ、をぐ~んとアピールします。
 A41枚で十分、入りきらなければ2枚になっても良いですが、
 沢山あっても関係ないのでは。
 沢山になる場合、プレスリリースは1~2枚にして、
 別途添付資料とします。写真なども良いのがあれば勿論、
 入れた方が良いでしょう。
 でも、先方は忙しいので、1枚で取材した方が良いか
 判断できるように書かないと即。ゴミ箱行きです。
 A4のプレスリリースの最後に手書きで、
 注目すべき点など書いた方が良いと思います。

2)次は取材を受けたことのないマスコミへ出しましょう。
 どんなところに載りたいですか?
 女性誌の場合、例えば「女性自身」とか、古いかな。
 30代の女性誌「ドマーニ」とか?
 やはり、それほど、社会性では注目しないでしょうから、
 百貨店が楽しそうなことを始めるね!という視点で書かれていれば、
 1)のプレスリリースをそのまま流用して送るのでも良いと思います。
 FAX番号が判らないでしょうから、
 ○×出版社「○×」編集部御中、もしくは担当者様宛で
 郵送すれば良いと思います。

3)一般紙の場合、「週刊朝日」とか「週刊新潮」など。
 これに載ると、後日テレビの取材を受けたい!とプレスリリースをつくる場合に
 役立ちます。
 テレビの人間は、実は自信が無い人が多いので活字に弱いのです。
 (ファッション誌、女性誌はダメです。ほかの雑誌や新聞です)
 活字に出ていることで取材する価値があることと思う人が多いのです。
 (大きな声では言いにくいですが・・・)
 ただし、社会性が無いと取材ができませんから、
 動きのどこに注目するべき点があるのか、アピールしないとなりません。
 その中で何を担っているのか?という展開です。
 ですから、アピールの順番は反対で、がポイント、にも注目して貰って、
 は控えめに・・・

4)テレビはニュースの場合、ギリギリでも間に合います。
 1週間前から、どのような構成にするか検討を始めますが、
 本気で検討するのは3日、もしくは2日前くらいから。
 ラインナップが決まるのは、ギリギリ直前です。
 FAXが判ればFAXでOKですが、郵送なら1週間から3日前までに着けば
 OK。前々日でもネタが無い日だとOK。
 FAX番号を電話で聞いてしまうのもOKです。
 テレビ局の代表に電話して、番組名を言えば繋いでくれます。
 記者会見は東京ですと、大阪の局は取材しません。
 インターネットで関東のテレビ番組を探し、アプローチ先を決めましょう。
 記者会見は何時ですか?
 2時までに終わるならば夕方以降、翌朝までの番組。
 5時までかかるなら、9時以降、翌朝までの番組をチェックしましょう。

 プレスリリースのポイントはワンポイント、社会性が無ければ、
 もしくは新しさが無ければダメです。
 テレビ局には山ほどプレスリリースが来ます。
 おそらく百貨店からも来ているでしょう。
 でも、たぶんボツです。
 理由は①単に宣伝させられるだけと考えるから。
 ②プレスリリースも整いすぎてつまらないのです。大企業のは。
 絶対、手書きをプラスしてアピールしてください。
 きちっと印字されたプレスリリースの余白(だから余白を多く作ってネ)
 一杯にアピールします。
 目を止めさせる目的と、手書きはやっぱり熱意が伝わるのです。
 昔、TBSで2年、朝の番組をやっていましたので、沢山売り込みを受けました。
 ほとんど聞く耳持ちません。でも、取り上げられるものは当然あるのです。
 理由は①ニュース性=社会の中で、意味がある、新しいなどの視点です。
 ②映像的に面白そう=テレビは面白く撮れそうだと、
  くだらなくてもチョイネタなら飛びつきます。
 ③人物が面白そう、何かわからんが熱意が伝わってきたので・・・
 勿論、熱意だけではダメですが、この③に賭けましょう!
 ふとゴミ箱に捨てていた百貨店のプレスリリースを拾い上げさせるような、

 考えてみると流通業界の中では大きな出来事かなと思わせれば、
 取材の切り口を探しますから。
必ず、連絡先電話番号と担当者の名前を明記してください。
取材するなら、必ず問い合わせの電話が来ます。
何を取材しようかなと迷って問い合わせた場合、
担当が判らないと、それで終わることもあります。
放映されるかは直前まで判らないので、ビデオで録画してチェックしましょう。

さて、ポイントは次です。
あとも、何か機会を捉えてマスコミにアピールするならば
出た出ない関係なく、このことに関しての関連記事は集めておきましょう。
実際、記者会見では何も見えないので、取材はしにくいものなのです。
開店、開店後も、流通業界の注目すべき出来事として取材は可能です。
そのプレスリリースの資料になりますので、こまめに雑誌、新聞をチェックして
記事を集めましょう。
ネットのニュースでも新聞社の名前が出てますから、確認後急いで買う、
もしくは図書館でコピーする手もあります。
最後に念を押しますと
「是非とも当日取材にきて頂戴!!」っていう部分は
手書きの部分に表して、やはり取材の切り口を相手の立場になって
考え文章を練るのが一番大切なことです。
きれいな商品の写真と宣伝文句だけでは一般誌やテレビには
アピールしません。
そのあたりはファッション誌などと違うと思います。
基本的には百貨店の広報がプレスリリースは大手マスコミから
業界誌まで流すはずですから、関心を示して来たマスコミが
中でもコチラに注目するような情報を
事前にインプットするという位置づけでしょうね。
流通関係の業界誌にも声をかけているでしょうから、
そういうところが判って、コチラからもインプットしておくと
一般週刊誌などより、ずっと書いて貰える可能性が高いと思います。
業界誌に書いて貰えば、その記事を次回のプレスリリースの
資料に使えるので大切です。
その時点では一般の人にアピールしませんが。
新聞は一般紙よりも、日経や日経流通新聞などがオススメです。
これらも、一般誌の記者はチェックしてますから、
記事が連鎖していく可能性が出ます。


ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック