中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
メルマガ「動画を活用・・・」創刊4号配信しました
 メルマガ「動画を活用して売上を上げる方法」
創刊4号、配信しました。

 創刊4号の内容は「まず何をするべきか?その2」
「電力線通信の解禁は?」
「東京港の水上バス」
など盛りだくさん。
「続きを読む」をクリックしてください。読むことができます。

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【vol.4】
 動画を活用して売上を上げる方法 2006年9月18日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

┃今∥【1.はじめに】    電力線通信の解禁は?
┃日∥【2.映像活用のヒント】 まず何をするべきか?その2
┃の∥【3.オススメ情報】  東京港の水上バス
┃内∥【4.編集後記】   数字の力
┃容∥         発行者:メディア・プロデューサー 藤田智
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

【このメルマガは・・・】
イベントや商品紹介、求人、社内マニュアルなど
映像を活用することで企業は活性化し売上を伸ばします。
でも、具体的には?制作会社はどうやって選べば?予算は?
プロが教える映像活用法!隔週月曜日のお届けです。


【1.はじめに】 電力線通信の解禁は?
………………………………………………………………………………………

 こんにちは。メディア・プロデューサーの藤田です。
メルマガ「動画を活用して売上を上げる方法」第4号です。

 電気のコンセントをネット端子にすることで、
電源コードがインターネットの配線を兼ねるという、
高速電力線通信(PLC)という技術の解禁が、危ぶまれているという話題を
前回、取り上げました。結局、電波監理審議会は、認める答申をまとめました。

 総務省は省令を改正し、年内にも参入業者から
設備の設置申請を受けつける方針です。

 ただ、アマチュア無線などに雑音が入る妨害電波が出る恐れがあるため、
1)設備の設置を許可する場合は、他の通信に妨害を与えないよう
 十分に調査する
2)混乱が生じた場合は迅速に対応できるよう体制整備に努める
などの対応を総務省に求めました。
課題を意識しつつ、解禁の方向に向かったということだと思います。

 このメルマガはバックナンバーが公開されていますので、
http://blog.mag2.com/m/log/0000204494/
そのサイトのトラックバックを見ていただきたいのですが、
確かに、この技術に問題が多いのは事実のようです。
だから決まるまで6年もかかったのでしょう。

 いかに問題が多いか。商業ベースに載せるのが難しいか。
などの意見をまとめている人が、トラックバックして下さいました。

 様々な問題があるため海外での実用化も進んでいないようです。
でも、何とか技術力でクリアできないでしょうか。

 PLCは、家庭内の電線に、電気とは別に周波数2~30メガ・ヘルツの
信号を流し、大量の情報をやり取りする通信手法。
パソコンを専用モデムを通じてコンセントにつなげば、
高速のインターネット通信が可能になります。
画に描いた餅にならなければ、
ユビキタス社会に向けたインフラ整備が更に加速します。

 通信機器メーカーは、すでにPLCモデムを完成し、許可を待つばかり。
10月の電子機器展示会で「家庭の各部屋が、便利で簡単にネット接続できる」
様子を披露するとのことですから、是非、見に行きたいと思っています。
問題を確かめたいと思います。


【2.映像活用のヒント】 まず何をするべきか?その2
………………………………………………………………………………………

 「まず何をするべきか?」という話の続きです。


いざ撮影を始める頃になると
 雑然とした職場など写しても若者にアピールするのか?
 先輩営業マンなんか見せない方が良いのでは?。
などなど根本を覆す意見が出てきたりします。

訴えたいことは、「将来を託す価値ある会社です。」
ということだとすれば、訴えたい会社の魅力とは何なのか?
もう一度考えてみて下さい。

しかし、全てを具体的にしなくても、この段階では構いません。
 どうやって「伸び伸びとした職場」であることを見せるのか。
 「先輩営業マンがいきいき働く姿」をどうやって見せるのか。
 どのように「会社の将来性」を表現するのか。
 「仕事のやりがい」を実感を持って感じさせるには。
 「若者に魅力的な環境」をアピールするには。
具体的な表現の方法は後でも良いのです。
プロに依頼するならば、それこそプロフェッショナルの知恵を借りるべきです。

 でも、訴えたいことは何なのか?
この場合なら「将来を託す価値ある会社」というこの会社の価値とは何なのか?
 伸び伸びとした職場?
 いきいき働く先輩営業マン?
 会社や業界の将来性?
 仕事のやりがい?
 若者にとって魅力的な環境?
これは依頼された制作会社には決められません。
アイデアやアドバイスはできても決めるのは発注する側です。

いざ、発注した会社が、訴えたいことについて揺らいでしまえば
どんな優秀な制作者でも、先に進むことが難しくなります。

自分たちがアピールできるポイントは
 伸び伸びとした職場なんだ!
 いきいき働く先輩営業マンなんだ!
 会社や業界の将来性なんだ!
 やりがいのある仕事なんだ!
 若者にとって魅力的な環境なんだ!
と考えるならば、それで良いのです。

その魅力を最大限に表現するのがプロの仕事です。
ところが、
 伸び伸びとした職場に見えるだろうか?
 いきいき働いている営業マンがどこにいるんだ?
 会社や業界に将来性はあるの?
 仕事のやりがいなんて若者には判らない!
 若者に魅力的な環境なのだろうか?
そこが揺らいでは進めなくなります。

 嘘をついてはいけません。
しかし、アピールできるポイントは?
アピールしたいポイントは?
と考え出した結論は貫かなければなりませんし、
そのようなポイントがアピールできないというならば、
企画段階でつぶしておかなければいけません。


 次回も更に「まず何をするべきか?」について
考えていきたいと思います。

※このメルマガはバックナンバーが公開されています。
 http://blog.mag2.com/m/log/0000204494/
 このコーナーは連載となっていますので、今までの記事を
 お読みになっていない方はバックナンバーをご利用下さい。


【3.オススメ情報】 東京港の水上バス
………………………………………………………………………………………

 お台場のビッグサイトで催しがあるときは、
よく浜松町の駅から歩いて10分。
日の出桟橋から水上バスで向かいます。

 片道400円で25分の東京港観光を楽しめます。

 海から見た東京の街は、いつもと違って見えます。
羽田からモノレールで浜松町に向かっても、
いつもと違う角度からの風景を楽しむことができますが、
やはり海上から見る品川、新橋などのビル群。東京タワー。
レインボーブリッジやオリンピックの選手村を作りたいと言っている
埋め立て地など、何度見ても、見飽きない格別の楽しさがあります。

 東京に仕事でも、観光でもいらした折りには、
是非、日の出桟橋から浅草に向かう水上バスなどもありますし、
いくつかのコースから選んで乗ってみて欲しいと思います。
また、東京の人でも、乗ったことのない人は多いと思います。
是非、チャレンジしてみて下さい。
思い出に残る小さな旅になると思います。

※下のURLをクリックしていただくと写真が見られます。
 天気が悪かったのですが、悪いなら悪いなりの景色が楽しめました。
http://www.ichi-ban.co.jp/article/13136917.html

……………………………………………………………………………PR………
【無料メルマガ「メディア・プロデューサーが街で見つけた儲けのヒント」配信中です!】
 メディア・プロデューサー藤田智が、映像制作者の視点で街をブラブラ。
 街で見つけた儲けのヒントを披露します。
 意外なところ、意外な視点から街を眺めると、儲けのヒントが見つかります。
 隔週木曜日のお届けです。是非、ご登録下さい。
 http://www.mag2.com/m/0000203864.html(HTML形式)
 http://www.melma.com/backnumber_161742/(テキスト形式)
………PR……………………………………………………………………………

【4.編集後記】 数字の力
………………………………………………………………………………………

 映像の力と共に、数字の力が大きいと言うこと。
それはご理解いただいていると思います。

 ただし、それが判っているからこそ、
都合良く利用する、利用されることが多いのも、数字の力です。

 特に顕著なのがマスコミで、自分たちが言いたいことを
補足する為には利用しますが、反対のデータは、ほぼ黙殺されます。

 最近の例では飲酒運転についてです。
福岡の痛ましい事件をきっかけに、
飲酒運転が厳しくマスコミに取り上げられています。

 勿論、飲酒運転が良いなどとんでも無いことで、
公務員ならば即刻クビにして良いと思います。
しかし、飲酒運転が増えているようなイメージの報道が
多すぎないでしょうか?
現実には、かなり減っているのです。

 ここに数字を出してみましょう。
http://www.sonpo.or.jp/action/inshuunten.html
日本損害保険協会のHPから引用しました。

飲酒事故件数=交通事故総数=飲酒事故率
1996  21,628  735,188  2.9%
1997  21,289  746,307  2.9%
1998  21,060  771,026  2.7%
1999  21,602  815,812  2.6%
2000  26,280  888,124  3.0%
2001  25,400  903,113  2.8%
2002  20,328  890,053  2.3%
2003  16,374  899,961  1.8%
2004  15,178  927,817  1.6%
2005  13,875  883,564  1.6%

 どうでしょう。2000年をピークに明らかに減っています。
半減しています。

 飲酒運転の大型トラックに追突され幼児2人が死亡した事故
などをきっかけに、2002年6月、改正道路交通法が施行。
酒気帯び運転の取り締まり基準が、呼気1リットル当たり
アルコール濃度0.25ミリグラム以上から0.15ミリグラム以上と厳しくなり、
罰則が強化されたことで飲酒による事故は減少しているのです。

 罰則強化による飲酒運転の抑止効果にかげりが見られるのは、
事実のようですが、いかにも飲酒運転が増えているような報道は、
いかがなものかと思います。

 減少しているとはいえ飲酒運転はゼロを目指すべき課題です。
ところが減少している事実を黙殺しては、
更に罰則強化という意見も多く出ることでしょう。
罰則強化による飲酒運転の抑止効果にかげりが見える中、
どうやって減らしていくか議論すべきなのに・・・

 数字の力、映像の力、共に十分理解しつつ、
いかに正しく利用していくべきか考えるべきでしょう。

 最後までお読み頂きありがとうございました。

……………………………………………………………………………PR………
【ミニまぐ「儲けのヒント(M0058365)」無料配信中です】
携帯電話に街で見つけた儲けのヒントを190文字にまとめて配信中。
登録はPCからの場合
 http://mini.mag2.com/pc/m/M0058365.html

携帯電話からの場合
1)「ミニまぐ」 http://mini.mag2.com/ へアクセス
2)検索に「儲けのヒント」 と入力!
3)「登録」を選択し送信すると完了です。
是非、併せてご購読ください。
過去の記事はコチラをクリックしていただければ読むことができます。
 http://backno.mini.mag2.com/r/servlet/MBack?id=M0058365

メディア・プロデューサー藤田智が映像制作者の視点で街をブラブラ。
街で見つけた儲けのヒントを披露します。
ミニまぐ「儲けのヒント」ヨロシクお願いします。
………PR……………………………………………………………………………

 ビデオ制作は映像制作会社いちばん http://www.ichi-ban.co.jp/
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆ 発行人:メディア・プロデューサー 藤田 智
 ☆ 株式会社いちばん:< http://www.ichi-ban.co.jp/ >
 ☆ E-MAIL:< info@ichi-ban.co.jp >
 友達に・恋人に・仕事仲間に・取引先に転送はご自由です。
 どんどん転送してください。どんどん口コミで広げてください!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆藤田智って誰?(プロフィールはこちら)
  http://www.ichi-ban.co.jp/category/1158539.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
スポンサーサイト

テーマ:中小企業経営コンサルティング - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
先行者利益の今がチャンス!会員は初回広告無料です。
2006/09/22(金) 08:01:32 | 会員は初回広告無料で高機能無料ソフト贈呈中。