中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
ライフスタイルの変化
 味の素の調査によると、若年1人暮らしでも「毎日自宅で夕食」が4割だそうです。

 外食比率が高いと思われている都市圏の1人暮らしの若者でも、外食に依存している比率は、予想外に低いようなのです。ということは・・・
 味の素が発表した「若年一人暮らしの食生活」調査によると、20~39歳の単身生活者で「ほとんど毎日自宅で夕食をとる」との回答は、約4割に上りました(男性34%、女性45%)。また、「週3~4回自宅でとる」との回答は、男性31%、女性35%。両者を合わせると、7割強が、夕食の大半を自宅でとっている計算になります。

 夕食については、「自分で料理したものと市販のもの(おにぎり、コロッケなど)を組み合わせる」との回答が男性48%、女性58%で最も高く(複数回答)。また、1999年に行った調査と比べて大きく比率が上がったのが、「冷凍食品やレトルト食品、カップ麺などを作る」でした(男性41%、女性36%)。調理の簡便さや安上がりで済むこと、そうした食品の質の向上などが背景にありそうです。

 よく使う食品についての質問では、女性の比率が上回ったのが、「スパゲティ」「納豆」「ヨーグルト」の3品。「納豆」「ヨーグルト」については、健康志向の表れと考えられます。一方、男性の比率が高かったのは、「カップ麺」「レトルトカレー」などの簡便食品でした。

 また「食事時間は決めていない」との回答が34%、食事の回数が「1日2回」との回答が35%に上っていることを挙げ、「食事の時間・回数のフレックス化」が進んでいることがわかりました。

 この調査で一番興味深いのは、一人暮らしの人も意外と「家で過ごすのが好き」ということです。家で楽しむためのサービスや商品は、まだまだ伸びていく余地があると思われます。

 宅配サービス、ブロードバンドやネット周辺、ホームシアター、アイボのような高級玩具・玩具ではないかも?=家庭用ロボット、コンビニやTSUTAYAが伸びたのも家で過ごす一人暮らしを支える店舗だという側面があったのだと思います。

(調査対象者は、京浜・京阪神に住む未婚・1人暮らしの20~39歳の男女4559人。インターネットを通じて、2004年9月に実施。)
スポンサーサイト

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック