中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
理を重んじるべし!
 “理を重んじるべし!”なんてタイトルと銀座。ちょっとギャップがありますが、また少々長い話になりますがお付き合い下さい。久しぶりに銀座に出ました。失業中の身にはネオンがまぶしい!なんて働いている時だって、やっぱり憧れの銀座のネオンは眩しかったのですが・・・。ネオンの元、クラブ通いなんて、やってみたかったですよね。でも、もう時代が違いますか?流行らないのかな。ところで、有楽町からJRに乗ろうと歩いていると、かつて広い駐車場だったところが、開発されているではありませんか。
※写真はネオン輝く銀座
050512_1851~01.jpg

 丸の内、六本木、品川、新橋と続き、防衛庁跡も大規模に開発中。そして有楽町。地上21階、店舗と事務所の複合ビルが2年後にはできるそうです。
050512_1856~01.jpg

 このところ東京では大規模開発が続いています。バブルの頃より凄いのではないでしょうか。バブルの頃はユニークな設計の建物など随分ニュースになったように思います。でも今ほどの規模の再開発ではなかったと思います。こんなにビルを建てて入る人、会社があるということは、出て行かれてしまうビルもあるということでしょうか。人口は急に変わらない。ということは・・・。世の中必ず理屈通りに進むことを忘れてはいけないと思います。時に違う結果があるのでは。いえ、それはそうなる訳を見通せなかっただけで、1+1が3になることはありえないのです。世の中は理屈通りにいかないと信じている人が多いように思いますが、私はそう思いません。例えば共産圏。当時からおかしいとみんな思っていたじゃないですか。私もソ連映画など見ると、いかに家族、人々が荒廃し、おかしくなっているのかが執拗に描かれていたものが多かったものです。アルコールに依存した人々がソ連映画の登場人物には多かった印象を持っています。多分、アルコールと性を抑圧すると反乱が起きてしまうので、共産政権への批判は許さなくとも酒や性の乱れには寛容だったのだと思います。でも家庭も社会もあのようにたがが外れたのでは軍隊も崩壊するのではないかと思いました。でも本当にベルリンの壁から始まり今のようになるとは、勿論思いませんでした。でも、そう思えようとどうだろうと、理は正しい。崩壊しました。「永遠に土地の値段が上がる訳ない。」ところが世の中の前提は「土地が値上がりし続ける。」として、かつては進んでいました。おかしいとは思いましたが、あれほどあっけなく崩壊するとは思いませんでした。バブル崩壊です。ますます理を重んじなければならないと思いました。勿論今の北朝鮮だって必ず崩壊するのです。ただ、いつかが判らない。情報が少ないですから。勿論、ソ連の時だって同じです。いつあのようになるかなんて私には予想もつきませんでした。でも「いつ」かは判らなくても、方向が判ればできることもあるのではないでしょうか?話を東京の再開発に戻しましょう。東京の開発が進むのは、経済に刺激を与え決して悪いこととは思いません。しかし、どこかでその煽りを受ける。もしくは受けている地域、人々がいるのではないかが気になります。新宿に高島屋ができたとき。新宿デパート戦争のような報道もありました。伊勢丹VS高島屋のような。しかし、さすがにそれは予想がつきましたが、煽りをくったのは渋谷です。二つの若者の街。新宿に若者は流れました。渋谷・西武の寂れ方はひどかったモノです。東京の開発の影響はどこに出るのでしょう。関西に出るのか。東京の郊外に出るのか。海外?もありえるのか。バブルの頃に乱立したペンシルビル。小さな敷地に5階建て程度のビルが多くできました。空洞化がひどいのではないでしょうか。使いにくいですもの。問題が致命傷になる前に、手を打つ必要は?放っておいて良いのかが少し心配です。先日、埼玉県の行田まで車で出かけました。意外に遠くて帰りには日が沈んでしまいました。高速に乗らず帰りは急いでいませんでしたので国道で東京へ向かいました。驚いたのは、決して都心に近づくと賑やかになってくるとは言えなかったことです。かえって郊外の方がファミリーレストランや家族向けの店、例えばブックオフなど流行の店が街道沿いに並び賑やかに感じました。ところが都内に入ると明かりも減って暗い印象の国道を走ることになります。周囲には住宅など続いている筈なのですが賑わいがないというのでしょうか。八王子へ向かう甲州街道や横浜へ向かう国道1号や15号線には無い雰囲気です。町が静かに変わっている。強くそんな印象を持ちました。話は長くなりましたが「一つの現象が生まれれば、必ずどこかにその影響が出てくる」当たり前のことを当たり前として将来を予測しなければならないということを強く言いたいのです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 久しぶりに銀座に出ました。失業中の身にはネオンがまぶしい!なんて働いている時だって、やっぱり憧れの銀座のネオンは眩しかったのですが・・・。ネオンの元、クラブ通いなんて、やってみたかったですよね。でも、もう時代が違いますか?流行らないのかな。ところで、有
2005/05/13(金) 15:33:35 | 46からのリセット