中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
ダイエーにて思う
 我が家では、もう15年以上にわたってダイエーで食料品や衣料品を購入しています。ここ数年、やはり感じているのはダイエーの勢いの無さでしょうか。

 他のスーパーも利用していますが、ダイエーの魅力が全く無くなってしまった訳ではありません。例えば、衣料品。値段と品質で言えばユニクロを凌いでいるのでは、とすら思っています。ユニクロが一番目立っていた頃にしても、同等に見えるものをより安く提供していました。しかし、目立たないのです。売れないのです。
 確かに売れ筋のラインナップが弱い、品揃えがしきれていない。これが致命傷でしょう。服装にこだわらない、私などは、オッ~と何だ!この安さ!みたいな服があるんです。でも、サイズが揃ってますか?今風のデザインですか?といえばやはり外しているのでしょう。旬が無いといえば、それで終わってしまいそうな形容詞ですが、それは感じます。
愚直にある程度の品質はキープし、できるだけ安く。このコンセプトが時代に合わなくなっているのでしょう。

 食料品売り場にしても、かつての賑わいは無くなっています。決して他のスーパーに価格で負けていることはないでしょう。しかし、手に取りたくなる商品が、あれだけ食料品が並んでいるにも関わらず、余りに少ないのです。ここを真剣に見直さないと。ダイエーは根本的な部分が致命傷を負っているように感じてなりません。

 コンビニというコンセプトにスーパーが負けたと言われている一面があります。しかし、本当にそうなのでしょうか?時代に合わないコンセプトなんだと衰退の原因を押しつけて、根本的な商品力をおざなりにしてこなかったでしょうか。ここにこそスーパーマーケット行き詰まりの本当の原因があるように思えてなりません。
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック