中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
企業の目的とは?
 前回に引き続き稲盛さんの著書「心を高める、経営を伸ばす」からです。その中に企業の目的について稲盛さんが言い切っているところがあります。少々長いですが引用させていただきます。

「会社を通じて人生に夢を描いている人たちの期待を絶対に裏切るわけにはいきません。~経営の基本を、自分の技術の試行ということから、「全従業員の物心両面の幸福の追求」と、「人類社会の進歩発展への貢献」に変えたのです。
 つまり、会社で働く全員、またその家族を含めた人たちの生活を守り、幸せな人生を送ってもらうことをまずは経営の柱とし、そしてそれに留まらず、私たちの技術をもって科学技術の進歩に貢献し、また利益の一部を税金として納めることで、公共の福祉等に貢献し、人類の進歩の一助となることを目的としたわけです。
 これ以外に、企業の目的はないと、私は思っています。」

 稲盛さんは株主や利益を第一の目的とは考えていないようです。そして私もそのように思います。

 企業の目的とは?企業は誰のために活動するのか?というような問いに、「利益」「株主」というようなキーワードがよく出てきます。そもそも資本主義とは、という発想、考え方からの結論と思いますが、今、そこに多くの疑問が投げかけられていないでしょうか。

 お金が絶対なのか?株主が絶対なのか?

 楽天やライブドア、村上ファンドなどの一連の動きに、既存の組織への挑戦の意味では拍手を送りたくなると共に、何か釈然としないものを感じるのは、この点だと思うのです。

 日本のように生存への危険が極端に小さくなり、つまり飢えて死ぬ心配が無い国になり、何事へのチャレンジも可能になっている社会では、企業の目指すものが変わってきてしかるべきと思うのです。

 お金はある程度あると、それ以上、個人が持っていても使いようがありません。しかし、夢やアイデアの実現にはお金も知恵も労力も必要になります。そんなことを考えると、会社とは創業者の自己実現したいという想いから始まり、引き継いで行く社員たちの自己実現、夢の実現の場でもあると思うのです。その原動力が利益であり、企業活動が認められる切符みたいなものが社会への貢献ということではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック