FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生回数とPR活動

集客と認知アップ
11 /29 2017
前回は、https://pr-seminar.blogspot.jp/2017/11/blog-post.html
公開後わずか3日間で、YouTubeにおいて100万回の再生を達成。
現在、再生回数が440万回を越えている別府市のPR動画など
自治体が地域の魅力をPRするため動画を制作し、
注目を集めていることを取り上げました。

別府市のPR動画はコチラ

https://www.youtube.com/watch?v=UbMmhQYoAsM

再生回数440万回、凄いですね。

しかし、YouTubeをたまに見ている人なら
気付いていると思いますが、
440万回再生が飛び抜けたことなのか?
というと、そうとも言えないのです。


 例えばAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」。
この音楽に合わせて踊る動画を撮影して地域おこしをするのが
流行りましたが、神奈川県が制作した
「恋するフォーチュンクッキー 神奈川県 Ver. / AKB48」は、
現在452万回の再生数です。

神奈川県のPR動画はコチラ

https://www.youtube.com/watch?v=RBBbuspVyyU

別府市のPR動画を上回る再生回数を誇っています。
ただ、同様のPR動画が乱立していましたから
その中に埋もれ印象は薄いかも知れません。

ではもっと、再生回数が多いものはないか。
おもしろ動画。ビックリ動画などを探せば
1000万回以上再生された動画も
実はすぐに見つかります。

「ケニアの高校生の衝撃的跳躍力」
その運動能力にはホント、ビックリ。
動画の再生回数は1415万回を越えています。

https://www.youtube.com/watch?v=-qTAeVGl_e8

「日本体育大学の学生が体育研究発表実演会で見せたパフォーマンス」
見ているだけで説明抜きに楽しむことができます。
世界中で面白がられているのでしょう。再生回数は2292万回です。

https://www.youtube.com/watch?v=4p0DsVPkyZg

「あまりにショッキングなイリュージョンに、、、」
この理解不能なマジックのYouTube再生回数は
ナント4644万回!

https://www.youtube.com/watch?v=i5gK2MxGR0M&t=135s

皆さん、ご存知のピコ太郎!
「ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎)」は
再生回数、1億2693万回。

https://www.youtube.com/watch?v=0E00Zuayv9Q

懐かしい、、1987年のヒット曲
「Rick Astley - Never Gonna Give You Up」に至っては、
再生回数が、3億7448万回です。

https://www.youtube.com/watch?v=dQw4w9WgXcQ

上には上がいるもので、再生回数が多い動画は
いくらでも探せます。

何が言いたいのかというと
何かをPRしたいがために動画を作っているのであって
YouTubeの再生回数を競うために
動画を制作したのではないということです。


 別府市のPR動画の場合、
企画の独自性、面白さ、言い換えれば敢えて
ツッコミどころ満載というようなユニークさで動画を作り
話題にしてもらおうという狙いが明白です。

新聞社、テレビ局などにもPR活動を行ったと思うのですが
ネット上のTwitter、FacebookなどSNSで取り上げやすい
企画になっていることが大切です。

新聞社やテレビ局は、ただ面白いということでは
なかなか動きません。
しかし、ネット上で話題になっているという条件がクリアされると
非常に取り上げやすくなります。

世間では「YouTubeで100万回再生!」と言えば
「凄い!」となります。
誰も、「そんな動画一杯あるよ」とはならないのです。

別府市PRのキーワード「湯~園地計画」
http://www.gokuraku-jigoku-beppu.com/yuenchiplan
検索してみると、様々な記事を探すことができます。

https://rocketnews24.com/2017/07/30/935213/
https://www.fashion-press.net/news/27350
http://cazual.tv/archives/14120
などなど

こうしたネットメディアに取り上げられ
TwitterやFacebookで話題にのぼることで
次は大手メディアも動くことになります。

毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170329/k00/00m/040/105000c
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK6S3CDLK6STPJB001.html
などなど

そしてテレビ局も取り上げるようになります。

既存のマスメディアの影響力は大きなものがあります。
ネットメディアのみならずマスメディアにまで取り上げられることで
YouTubeの再生回数では計ることができない
広範囲で影響力の大きい告知を行うことができます。


 似たような例としては前回もご紹介した
福岡県柳川市の魅力をPRするために制作された、
ダンスムービー「SAGEMON GIRLS」。

https://www.youtube.com/watch?v=NYOrc0h5SN4

現在、再生回数は45万回。
反響に応えて第2弾も公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=aKUuOD-JaWc

再生回数は1万4000回です。

この再生回数でも、ネットメディア
https://youpouch.com/2016/03/15/342424/
http://japan.arukikata.co.jp/news/2016/02/13694/
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0209/heaaart_170209_2619970636.html
などなど

地方メディアも取り上げました。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/news_release/article/376132/


秋田県のPR動画は、秋田犬がアイドル?というユニークなもの。
MOFU MOFU☆DOGS “Waiting4U〜モフモフさせてあげる〜”
は再生回数125万回を越えました。

https://www.youtube.com/watch?v=pyobqOPGPCI

ネットメディア
http://getnews.jp/archives/1546677
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/01/news075.html
などなど

地方メディア
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170626_43004.html

マスメディア
http://www.sankei.com/region/news/161120/rgn1611200024-n1.html
https://mainichi.jp/articles/20170628/k00/00e/040/284000c
などなど多くのメディアが取り上げました。

柳川市、秋田県、共に再生回数で別府市のPR動画に及んでいません。
それでも、ネットメディア、時にはマスメディアが取り上げ
再生回数では測れないPR効果を得られていると言えるでしょう。

企業、団体、役所などのPR活動を「パブリシティ」と言います。
CMなどの広告とは違いマスメディアに対して
企業側(スポンサー)が代金を払うのではなく、
話題性によって記事や番組に取り上げてもらいます。

なかなか思い通りに取り上げて貰えないのも事実ですが
第三者の視点で客観性を持って扱われますので、
広告よりも信頼性の高いアピールができます。

動画を制作して、ただただ再生回数が増えることを期待するのではなく
同時にSNSを使って、またプレスリリースなどを使って
ネットメディア、マスメディアにアプローチする
PR活動=パブリシティが大切なのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

藤田智(FujitaSatoru)

㈱いちばん 代表取締役
http://www.ichi-ban.co.jp/

1958年東京生まれ。メディア・プロデューサー。テレビ番組、ビデオ、DVD、ホームページなど様々なメディアで動画の制作を手がけています。中でも中小企業をテーマにした映像を得意分野とし、業界では数少ない企業経営に詳しい製作者として取材・映像制作を積み重ねてきました。企業の現場にこだわり、現場で見つけてくる独自の視点と判りやすい表現は、高い評価を得ています。その動画作品の一部は中小企業基盤整備機構のホームページ上でも配信中。最近はインターネット分野へも、活動のフィールドを広げています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。