FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目の動画「立憲民主党 WEB CM」

動画編集のポイン
10 /18 2017
今回、立憲民主党の動画を取り上げようと思ったのは、
選挙一週間前を切った今朝、Yahooの検索画面を開いたときに https://www.yahoo.co.jp トップ画面右側の動画広告として立憲民主党のWEB CMが流れたことから、興味を持ちました。
https://www.youtube.com/watch?v=QsaLcCzmrGw

そのWEB CMをクリックすると立憲民主党のホームページへ誘導されます。
https://cdp-japan.jp/

Yahooのトップ画面を開くと、必ず立憲民主党のWEB CMが流れるという設定ではないと思いますが結党して間がないにも関わらず、他の政党に見劣りしない情報発信ができているのは見事だと思います。

10月17日現在の各政党のWEB CMとYouTubeでの再生回数を調べてみました。
【自由民主党】
 ホームページ https://special.jimin.jp
 YouTubeチャンネル
  https://www.youtube.com/user/LDPchannel
 WEB CMの再生回数 12,066回
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=hhKKj6DsT8Q
【希望の党】
 ホームページ https://kibounotou.jp
 YouTubeチャンネル
  https://www.youtube.com/channel/UCVNm3_OJ-7TCBEXLpGxLc9g
 WEB CMの再生回数 74,998回
https://www.youtube.com/watch?v=mX5JnVmNmwA
【公明党】
 ホームページ https://www.komei.or.jp/campaign/shuin2017/
 YouTubeチャンネル
  https://www.youtube.com/channel/UCn4qYPyxDdhvMn8-NIS0ydw
 WEB CMの再生回数  2,691,934回
https://www.youtube.com/watch?v=RNaVXLM91p8
【日本共産党】
 ホームページ http://www.jcp.or.jp/
 YouTubeチャンネル
  https://www.youtube.com/user/jcpmovie
 WEB CMの再生回数 142,173回
https://www.youtube.com/watch?v=gqMwaoNOvwc
【立憲民主党】
 ホームページ https://cdp-japan.jp/
 YouTubeチャンネル
  https://www.youtube.com/channel/UCghxR0rXQOH31bZwzTBY-yw/featured
 WEB CMの再生回数 14,148回
https://www.youtube.com/watch?v=QsaLcCzmrGw
【日本維新の会】
 ホームページ https://o-ishin.jp/election/shuin2017/index.html
 YouTubeチャンネル
  https://www.youtube.com/channel/UCWt-OZ_PzMvXHijm9J87zKQ
 WEB CMの再生回数 29,207回
https://www.youtube.com/watch?v=yRNqmLfRQwk


与野党共に、Web対策にも力を入れているようですが、意外に見せ方はそれぞれ違って興味深く感じました。見る人によって感想は様々だと思いますが、立憲民主党は、時間がなかっただけにシンプルで、かえって見やすい、分かりやすいホームページ、動画になっているように思います。また共産党はインターネットに特に力を入れているように感じられて面白かったです。

ホームページや動画が上手にできているから支持率が上がるとは言えないでしょう。しかし、有権者が興味関心を持った時、得たい情報が得られなかったらどうでしょうか。政党の理念は?公約は?自分の選挙区の候補者はどんな人?分かりやすく魅力的に情報が発信されているか否かは大切だと思います。

特に「立憲民主党」や「希望の党」のような新しい政党は、どのような政党なのか知られていないわけですから、有権者の興味関心にしっかり応えた情報発信が必要でしょう。

会社が顧客に提供するサービスや商品についても、顧客が関心を示しているのに、ホームページや動画を利用した的確な情報発信がされていなければ、折角のチャンスを生かせない可能性が高くなります。動画のみならず様々な媒体を使った取り組みが求められています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

藤田智(FujitaSatoru)

㈱いちばん 代表取締役
http://www.ichi-ban.co.jp/

1958年東京生まれ。メディア・プロデューサー。テレビ番組、ビデオ、DVD、ホームページなど様々なメディアで動画の制作を手がけています。中でも中小企業をテーマにした映像を得意分野とし、業界では数少ない企業経営に詳しい製作者として取材・映像制作を積み重ねてきました。企業の現場にこだわり、現場で見つけてくる独自の視点と判りやすい表現は、高い評価を得ています。その動画作品の一部は中小企業基盤整備機構のホームページ上でも配信中。最近はインターネット分野へも、活動のフィールドを広げています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。