FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の日は釣瓶落とし

こんなことが・・・
09 /28 2017
「秋の日はつるべ落としなどと言いますが、、、」とテレビの天気予報。
秋の太陽は、つるべを落とすかのように早く沈んでしまう、と言う意味ですが、釣瓶落とし?検索してみると、「釣瓶」とは、水を汲むために竿や縄の先につけて、井戸の中におろす桶のこととか。時代劇が好きな人じゃないと、井戸の中におろす桶と言われてもイメージできないような気がします。
さて、本当に秋の太陽は、早く沈んでしまうのでしょうか。夕暮れ時、空を眺めるのが好きなので、印象として感じるのは、やはり早く沈むような気がします。というより夏は、日が沈んでも、いつまでも空が明るいですが、秋は、スッと暗くなってしまうのでは?ということです。
ウェザーニュースのホームページ(http://weathernews.jp/s/topics/201610/060145/)に、次のような解説がありました。要約すると「上空の大気が太陽光を散乱して光り、日の入後もしばらくは暗くならない“薄明”。この現象は6月が一番長く、日が沈んでから約2時間かけて、ゆっくりと暗くなるのに比べ、9月、10月は日没後1時間25分で夜を迎えます。この約30分の差が急に暗くなったという感覚を助長させるのかもしれません。」
やはり夏は、ゆっくり暮れていき、秋はスッと日が暮れるんですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

藤田智(FujitaSatoru)

㈱いちばん 代表取締役
http://www.ichi-ban.co.jp/

1958年東京生まれ。メディア・プロデューサー。テレビ番組、ビデオ、DVD、ホームページなど様々なメディアで動画の制作を手がけています。中でも中小企業をテーマにした映像を得意分野とし、業界では数少ない企業経営に詳しい製作者として取材・映像制作を積み重ねてきました。企業の現場にこだわり、現場で見つけてくる独自の視点と判りやすい表現は、高い評価を得ています。その動画作品の一部は中小企業基盤整備機構のホームページ上でも配信中。最近はインターネット分野へも、活動のフィールドを広げています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。