FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像では伝わりにくい迫力

動画撮影のポイント
09 /26 2017
大相撲秋場所千秋楽。たまたま家でテレビを点けたら
日馬富士と豪栄道、優勝がかかった一番。
日馬富士が優勝決定戦に持ち込み連勝し、
逆転優勝した瞬間を見ることができました。
ラッキーでした。ところで二人の立合い、凄かったですね。
ぶつかったときのゴツンという音が、
テレビを通じても聞こえてきました。
実際に両国国技館の館内にいたら、もの凄い音だったと思います。
昔、取材でプロレスを間近で見る機会があったのですが、
大きな男と男が力のすべてを振り絞ってぶつかる音の凄まじさに
驚きました。
なかなか映像では伝わりにくい、生ならではの迫力もあるのだと知りました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

藤田智(FujitaSatoru)

㈱いちばん 代表取締役
http://www.ichi-ban.co.jp/

1958年東京生まれ。メディア・プロデューサー。テレビ番組、ビデオ、DVD、ホームページなど様々なメディアで動画の制作を手がけています。中でも中小企業をテーマにした映像を得意分野とし、業界では数少ない企業経営に詳しい製作者として取材・映像制作を積み重ねてきました。企業の現場にこだわり、現場で見つけてくる独自の視点と判りやすい表現は、高い評価を得ています。その動画作品の一部は中小企業基盤整備機構のホームページ上でも配信中。最近はインターネット分野へも、活動のフィールドを広げています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。