中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
土用の丑の日
昼のテレビでは、今日は「土用の丑の日」です!
と鰻屋さんの前から中継していて、今年は稚魚(シラスウナギ)の国内漁獲量が3シーズンぶりに増加し、ややお手頃な値段で味わえると伝えています。稚魚を食べるわけではないですよね。育つ前に何故、価格が下がるのだろう?安くなるに決まっているから、先に下げてしまうのかな。(たぶん、食する鰻の漁獲量が増えて、市場の価格が下がったんだと思いますが、何故、稚魚の話が出てくるのだろう?)
 価格の話は置いておいて、「土用の丑の日」についてです。子供の頃、「土曜の牛の日」ならわかるけど、何故、土曜日でもないのに鰻なんだろう?と頭の周囲にクエッションマークを浮かべていたのは私だけでは無いと思います。何度も調べたのですが、どうも頭の中に入りません。もう一度、検索して調べてみると、、、
 まず「土用」とは、立春・立夏・立秋・立冬より前の約18日間のこととか。つまり年4回あるんですね。そして「丑(うし)の日」とは、十二支の干支(えと)、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の「丑」の事。12日周期で丑の日がやって来るというわけです。ちなみに今年は、7月19日~8月6日の19日間が夏土用で、丑の日は、7月25日(火)と8月6日(日)の2日間です。
 鰻を食べるようになった由来には諸説あるそうですが、日本では古くから「丑の日」に「う」のつく食べ物(梅干し・うどん・瓜など)を食べると縁起が良いと言われてきたそうで、江戸時代、夏に鰻が売れないで困っていた鰻屋さんが蘭学者の平賀源内に相談したところ、「本日 土用の丑の日」という看板を出したらと勧められ大ヒットとか。PR作戦が功を奏したのですね。
 鰻の旬は本来、10月~12月頃と言いますから、夏に食べないのは当然だった訳ですが、鰻屋さんは一年中売りたいですから、夏バテ解消だぁ~と言うのでしょう。と言っても今や、養殖が主流でしょうから一年中同じ味かも知れません。もし、天然モノを食べさせるお高い鰻屋さんに行くのなら、やっぱり脂が乗っている秋から冬が良いかも知れません。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック