中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
争点は公益性でした
 映像の活用も方法を間違えるととんだことに。
防犯カメラの映像がインターネット上で公開され
名誉を傷つけられたとして損害賠償を求めた訴訟がありました。

 争点は公益性でした。

 アメリカ・ロサンゼルスで拘置中に自殺した三浦和義元社長が
コンビニ店で万引きをしたとして、
三浦元社長の映った防犯カメラの映像がテレビで放映されました。
もう3年くらい前でしょうか。私もワイドショーで見た記憶があります。
その映像を、防犯カメラを開発・販売した会社が
宣伝のため編集しホームページ上で公開したとか。
それに対し三浦元社長の妻が名誉を傷つけられたとして
損害賠償を求めたのです。

 東京地裁は「公開に公益性は認められない」として、
防犯カメラを開発・販売会社した会社に
損害賠償金の支払いを命じました。
一方、テレビ局に映像を提供したコンビニへの請求は
「犯罪抑止につながる公益性があった」として退けられました。

 写されている人の承諾なく公表すれば肖像権の侵害となります。
しかし、公共の利害に関する事で公益を図る目的でなされた場合は、
肖像権よりも公益性が上回り違法性が問われないということでしょう。
そのため映像を提供したコンビニやテレビ局には違法性がなく、
宣伝の為ホームページ上で映像を公開した会社は
損害賠償金の支払いが命じられたと思われます。

 いざとなると具体的な事例で違法性について判断するのは
難しい場合もあると思いますが、慎重な判断が求められます。


安心のパック価格でビデオを制作してみませんか。
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」は24万8千円(税込260,400円)から
詳しくはコチラをクリック

「シンプル・コース」 できるだけ低コストでビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 24万8千円(税込260,400円)
詳しくはコチラをクリック

「基本コース」 低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 29万8千円(税込312,900円)
詳しくはコチラをクリック

「フルサポート・コース」 台本づくりまで任せて質とコスト共に、より満足したい
ビデオ制作パック料金 39万8千円(税込417,900円)
詳しくはコチラをクリック

ビデオ制作のお問合せ、お申し込みは、どうぞ㈱いちばんまでご連絡下さい
TEL: 03-3746-3866
E-mail:
info@ichi-ban.co.jp
お待ちしています。

株式会社いちばんのトップ・ページへ

 

他にもコラムにはテーマ別に色々な記事が掲載されています。
【映像・メディア】【儲けのヒント】【お楽しみはこれからだ】【日々更新】
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック