中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
「お客様をつくる」13号、配信しました。
 メルマガ「お客様をつくる」13号、配信しました。

 13号の内容は「136円の衝撃」
「テレアポの電話を受けて思う~集客ツール活用の大切さ」
「巨人が強い!が…」
映画「チェイサー」
など盛りだくさん。
「つづきを表示」をクリックしてください。読むことができます。

☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─【vol.13】
   お 客 様 を つ く る     2009年5月18日号
★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★

┃今∥【1.はじめに】   巨人が強い!が…
┃日∥【2.今日の特集】 テレアポの電話を受けて思う~集客ツール活用の大切さ
┃の∥【3.オススメ情報】 映画「チェイサー」
┃内∥【4.編集後記】  136円の衝撃
┃容∥         発行者:メディア・プロデューサー 藤田智
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

※皆さん、、ご無沙汰して申し訳ありません。
 しばらく休刊しておりましたが、元気に復刊致しました。
 これからも、以前と変わらず宜しくお願い致します。

【このメルマガは・・・】
どんな会社、どんな仕事でも、いちばん大切なことは「お客様をつくる」こと。
しかしそれが、いちばん難しいことでもあります。
どうやったらお客様をつくれるのだろう。お客様に喜んで頂けるのだろう。
隔週で、じっくり考えていこうというのが、このメールマガジンです。

【1.はじめに】 巨人が強い!が…
………………………………………………………………………………………

 ワールドベースボールクラシックの驚異的な盛り上がりを思うと、
嗚呼、悲しいな。と感じるのがプロ野球人気の低迷です。
視聴率の低下、テレビ中継の減少、
会話にプロ野球の話題が上ることもホント、減りました。

 WBCのため巨人のキャンプを見る暇もなかった
原監督率いるジャイアンツ、今年は厳しいだろうと言われていました。
ところが蓋を開けてみれば、既に5月の時点で独走状態に向かってまっしぐら。
ファンにしてみれば、どこの球団にも優勝のチャンスがあったほうが、
ハラハラドキドキ楽しいわけですが、皮肉なモノです。
WBCを盛り上げた原監督が、ジャイアンツを好調に導いて、
プロ野球の人気回復に待ったをかける存在になってしまったとは。
ホントは不甲斐ない試合を繰り広げる他球団の責任こそ大きいのですが。

詳しくは以下を
↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ichi-ban.co.jp/article/13453306.html


【2.今日の特集】 テレアポの電話を受けて思う~集客ツール活用の大切さ
………………………………………………………………………………………

 事務所には、しばしばテレアポの電話がかかってきます。
様々な売り込みがあるのですが、多いのは
御社ホームページのアクセスを向上させますというSEO対策のもの。
それほど効果的なSEO対策がとれるならば
テレアポをする必要はないと思うのですが、
実のところ、ホームページからなかなか集客できないのでしょう。
電話で顧客を集めているという訳なのです。
SEO対策の会社がテレアポで集客している不思議さから、
SEOを薦める会社へは、こちらも少々意地悪になってしまいます。
大抵の場合、相手は「御社に合わせたご提案をしますので
一度会えませんか」と言ってくるのですが、
ついつい「検索サイトの表示が何位だろうと関係ありません。
例え100番目だろうと200番目だろうと、集客できればいいのです。
反対に一番目に表示されようと集客できなければ意味はありません。
集客できるというご提案ができるならばお会いしますが、、、」と答えます。
これに対して「判りました。では、いつ会えますか?」と
聞いてきた営業マンは、今のところまだ一人としていません。
元々、下調べもせず電話をかけ、アポが取れた会社について、
それから提案を考えようと思っているのでしょうし、
そもそも検索サイトの検索順位を上げるという提案はできても、
集客できるという提案はできないのでしょう。
面倒な会社に関わり合っているよりも
他の会社にテレアポした方が良いに決まっています。

 ところで、私は「集客できなければ意味はありません。
集客できるというご提案ができるならばお会いしますが、、、」
と言っていますが、必ず集客できる集客法、
集客ツールというモノがあり得るのでしょうか。

 例えば、テレビでコマーシャルを流せば必ずヒットするというならば、
どこの会社でも、借金をしてでもコマーシャルを作ることでしょう。
しかし、莫大な費用をかけても、失敗する例は絶えません。
どこの会社だってそのことは知っています。
ところがテレビCMの力もあってヒットする商品も、またあるのは事実なのです。

 チラシにしてもそうです。効果的なものもあれば、
効果の薄いものもある。
使い方次第、工夫次第。例え効果が上がった方法でも、
次の年には効果が薄いことだって多い筈です。
常に試行錯誤の連続が集客というモノではないでしょうか。
ところが、必ず集客できるというような方法があるが如く
「集客できるというご提案ができるならばお会いしますが、、、」
と言われても、困ってしまうのも当然です。
会社によって、商品によって、時期によって、地域によって
効果的な集客方法は違ってくることでしょう。
効果的な方法を業者と顧客が共に探っていくしかありません。
テレビCMも、チラシも、SEO対策も、
使えば必ず効果が上がるわけではありません。
しかし、何かしらの手段、ツールを使って、
集客する努力をしなければ、顧客が集まらないのもまた事実。
そういった意味では、やはり重要なワケで、
勿論、企業によるビデオなどの映像活用も、同じ土俵の上にあります。

 DVDや動画を作れば必ず効果が上がるとは言えません。
商品紹介の映像を作れば必ず商品は売れるのか。
採用の為の映像を作れば、必ずふさわしい人材が採れるのか。
答えは否です。業者は顧客から、商品や会社、業界の情報をよく聞き出し、
どのような使い方をしたいのか、
どのような結果を望んでいるのかをよく検討し、
よく相談して内容を決めていく。
そんな中から、コストに見合う、またコスト以上の効果を持つ
映像が生まれてきます。
成功へ導くための一番の情報は、
顧客自身の中に眠っている場合が多いのです。
なぜなら、その商品、その企業ならではの情報を一番持っているのは
顧客自身ですし、商品、業界の背景を一番知っているのも顧客自身です。
そうした情報なくしての効果的な内容、方法を考えるのは難しいのが当たり前。
業者側からすれば「必ず集客できるご提案」は無理でも
「集客できるご提案を顧客と相談できる」専門家としての
経験や技術を持つことが大切なのだと思います。

 より高い確立でヒットに近づくため、
集客法、集客ツールを活用することは、やはり大切なことなのです。


【3.オススメ情報】 映画「チェイサー」
………………………………………………………………………………………

 5月、ゴールデン・ウィークに公開している映画で、
何を一番に薦めるかと問われれば、
「レッドクリフ Part2」や「スラムドッグ$ミリオネア」、
「グラン・トリノ」を押しのけて、この韓国映画を一番に薦めます。
勿論、今、名前を挙げた作品も、それぞれ魅力的な映画です。
ただ「チェイサー」には、奇をてらってはいないけれど、
何か新しさを感じる。単にパワフルな映像というよりも、
じっとりとした力強さに惹きつけられたと言うのでしょうか、
固有の魅力を感じます。
この新鋭監督、ナ・ホンジンの次作が待ち遠しいのは勿論です。

詳しくは以下を
↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ichi-ban.co.jp/article/13453279.html


【4.編集後記】 136円の衝撃
………………………………………………………………………………………

 先日、時たま立ち寄る回転寿司の店に入ると、
値下げをしていたことに驚かされました。
大きなネタがウリのチェーン店で、一皿100円というような店に比べれば、
勿論、客単価は上がりました。
しかし、より大きな満腹感、満足感を得てもらおうという
コンセプトが気に入っていました。
ところが、このところの不景気で客の入りが悪かったのでしょう。
一皿136円(130円+消費税)均一に変わっていたのです。
消費の冷え込みを実感します。

詳しくは以下を
↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ichi-ban.co.jp/article/13453329.html

 最後までお読み頂きありがとうございました。

フジタからのPR=ビデオ制作なら映像制作会社いちばん http://www.ichi-ban.co.jp/
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆ 発行人:メディア・プロデューサー 藤田 智
 ☆ 株式会社いちばん:< http://www.ichi-ban.co.jp/ >
 ☆ E-MAIL:< info@ichi-ban.co.jp >
 仕事仲間に・取引先に・友達に・恋人に、転送はご自由です。
 どんどん転送してください。どんどん口コミで広げてください!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆藤田智って誰?(プロフィールはこちら)
  http://www.ichi-ban.co.jp/category/1158539.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ■購読・解除はご自身でお願いします。こちらから出来ます!
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000209572.html
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック