中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
リーマン・ブラザーズの経営破綻
 リーマン・ブラザーズの経営破綻。
そのニュースが世界を駈け巡っています。

 2005年にライブドアのニッポン放送株取得資金
800億円を供給したことで、日本では一躍名前が知れ渡りました。
「ヒルズ族」という言葉と共に危ういイメージも、
なきにしもあらずという感じでしたが、
まさかこれほど呆気なく崩壊してしまうとは驚きです。
 「アメリカ政府が救済すると思っていたので驚いた。」
という声も多いようですが、大企業が破綻するたび、
「その影響が大きい」と公的資金が次々に注入され、
それを見るにつけ、なんともいい知れない理不尽さを
感じていた側からすれば、当たり前の結果にも思えます。
何と言っても中小企業は、自己責任以外の道は無いと
思い知らされているワケですから。

 とは言え、破綻によるダメージがなるべく拡がらないことを
祈るばかり。ニューヨーク州知事は、最悪の場合、
金融部門で4万人がレイオフされる可能性があると
言っているそうで、悪い影響が飛び火しないよう、
うまく対策が取られることを願います。

ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック