中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
コミュニケーションがエンタテインメント=一言カキコ「ミニブログ」
 ミクシィなどのSNS、2ちゃん、ブログ、チャット、ショートメール、
ネット上のコミュニケーション・ツールが、盛んです。

 これらの動きを見ていると、テレビを見るとか、
映画館へ行くなどの楽しみ、エンタテインメントと同じ領域に
コミュニケーション・ツールが、なっているように思われます。
 かつてはテレビを見ると手紙を書くは、
違う意味合いを持っていたと思います。
ところが、ミクシィで友人にメールする、
チャットでおしゃべりをするなど、ネット上のコミュニケーション・ツールは
楽しむ為のものであって、円滑な人付き合いなどの側面は
非常に薄れていると感じます。

 ということは、誰しもに時間は24時間しかありませんから、
ネット上のコミュニケーション・ツールに時間を割く人は、
テレビなどに割く時間を削る傾向にあるのは確かではないでしょうか。

 そこに新たに参入してきたのが「ミニブログ」サービス。

 思いついた事や自分の状況を1行程度の短文で書き、
その文章に反応した会員同士でチャットのような
コミュニケーションもできる仕組みと言います。

 2006年にアメリカで始まった「Twitter」という「ミニブログ」が
始まりで、日本には今年4月ごろから参入企業が現れました。
長くても140字程度の他の参加者が書いた新着ブログを読み、
参加者のホームページを自由に行き来して、
ブログに対するコメントを「短文」で書いたり、
多くの人が集まった人気ブログでは、チャットのようなやりとりも可能とか。

 「ミニブログ」の利用者は現在、アメリカだけで40万人弱。
日本で4月から始まったミニブログサービス「Haru(ハル)」は、
会員数5200人。5月に始まった「もごもご」は、会員数5000人。
ネット上のコンテンツは既に過剰とも言われる中、
どこまで伸びるか注目が集まっています。


ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック