中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
クール・ビズ=省エネではない。。。
 私も実は、クール・ビズ=省エネって
無意識に思っていました。

 内閣府がまとめた「クール・ビズに関する特別世論調査」
によると、クールビズの習慣が社会に浸透する一方、
エアコンの温度設定はなかなか上がらない、
結局、節電効果に余りつながっていない実態がわかったそうです。
 考えてみれば、詰めの方策が足りなかったのでしょう。
オフィスの、家庭の、エアコンの設定温度を上げましょう。
かなり前から広報されていました。
しかし、人は楽な方、楽な方に向かいますから、
いくら声高に叫んでも効果が出ない。

 じゃあ、暑苦しいネクタイ、上着を止めてみたら?
エアコンの設定温度、上げてくれますよね。
そこまでは歓迎され、クール・ビズに合う服なども売れました。
でも、目的は「エアコンの設定温度」だったワケですが、
そこだけは殆ど変わらなかった。。
公共の場所や大企業など、元々協力していた組織から、
他への広がりは少なかったようです。

 これって、われわれの集客についても
似たようなことが言える気がします。
さまざまな方法を使って見込客を集めようとしますが、
集まった見込客をいかに顧客にするか。
その仕組みをよく考えておかないと
見込客までは沢山、集められたのに、
ということにもなりかねません。

 クール・ビズって何のため始まったの?
なんて笑ってはいられません。
集客とは、見込客を集め、顧客に変える。
という二段階に分かれていることを、肝に銘じねばと
改めて感じた次第です。


ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック