中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
何が狂わせるんだろう?
 多くの人が思っているでしょう。
参院選で自民党があれほどの惨敗をしながら
何故、安倍首相は辞めないのだろう?って。
「政治の空白は許されない。」
「わたしが進める改革の方向性が否定されたとは思えない。
ここで逃げることなく、国民の厳しい声に正面から応えていく。」
そんな声が聞こえてきます。
しかし、他の人が首相になることで、空白が生まれるとは思えませんし、
自ら「小沢か、安倍か」と国民に問うて、この結果なのですから、
安倍首相をトップにしての改革は否定されたのでしょう。
 党内には党内の事情があるのかも知れません。
しかし、報道を見ると自民党内にも多くの疑問の声があります。
首相が辞めるか辞めないかという問題は、
次は誰かの問題とは、別次元の問題と考えるべきでしょう。

 初めから「いかなる結果になろうとも首相を続ける」
では、話になりません。「国民の厳しい声に正面から応えていく。」
と言っても、応える気はないと選挙前から言っているようなものです。
それにしても、何故、辞めないのでしょうか?
安倍首相には安倍首相の理屈があるのだと思います。
まさか、政治の空白は許されないから。
改革の方向性が否定されたとは思えないから。
だけが理由なら、それは余りにも愚かでしょう。
何か別の理由もあるのだと思うのです。

 まさか、投げ出すのが嫌だから、無責任と思うから
という理由では無いと思うのですが、どうなのでしょう?
自分がしでかした後始末を他人に任せ
甘んじて傍観しているしかない。
自らのプライドもズタズタにされる辛い思いであり、
比べれば、自分で後始末をする大変さの方が、
心の内は楽かも知れません。
辞めることで責任を取ると言うことは、
そんなことのような気がします。

 安倍政権から数々のスキャンダルが生まれ、
対応についても火に油の状態が続いている。
根っこは近い所にあるように思いますが、いかがでしょうか?


ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック