中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
メルマガ「い☆ち☆ば☆ん」配信しました。
 メルマガ「い☆ち☆ば☆ん」を配信しました。
特集は「技術の伝承だけではなく習得にも生かす」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   い ☆ ち ☆ ば ☆ ん        2007年7月17日号
-----------------------------------------------------------------------------------------------

┃今∥【1.はじめに】     被災地の皆様、お見舞い申し上げます
┃日∥【2.映像活用のヒント】 技術の伝承だけではなく習得にも生かす
┃の∥【3.フリートーク】    シネコンにみる新しい仕組みの功罪
┃内∥【4.編集後記】    ネット視聴率は表示回数から滞在時間へ
┃容∥         発行者:メディア・プロデューサー 藤田智
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

【このメルマガは・・・】
地域で一番、得意分野で一番を目指す中小企業に向けて
映像を活用するヒント!メディア活用のヒント!を
お届けするメールマガジンです。

【1.はじめに】 被災地の皆様、心よりお見舞い申し上げます
………………………………………………………………………………………

 こんにちは。㈱いちばん の藤田です。
この一週間、日本列島は大型の台風が過ぎたかと思えば、
大地震が発生し、まぎれもなく揺れに揺れた一週間に
なってしまいました。

 私も先週後半は、出張で松山へ行っていましたので、
丁度、台風が九州南部に上陸。結局、仕事も延期になって、
慌てて東京へ戻る羽目になりました。
実際、予定の飛行機は欠航してしまいましたから、
危なく丸一日、足止めされるところでした。

 しかし、それどころではない大きな被害に遭われた方が
沢山いらっしゃる訳で、被災地の皆様には心より
お見舞いを申し上げます。

 3月25日には能登半島で大きな地震があったばかりでした。
先月、仕事で輪島市を訪ねましたが、被災した高齢の方の中には
家を建て直す気力も無く、今後の心配な方々がいらっしゃいました。
今回の新潟県中越沖地震でも、
同じような状況が生まれるのだと思います。
こうした時こそ、国民が一致して応援しなければと思います。


【2.映像活用のヒント】 技術の伝承という視点だけでなく習得という視点も大切
………………………………………………………………………………………

 熟練工による作業。その技術を伝えるために、映像を活用する。
そうした取り組みは、勿論、大切なことだと思います。
何故、そのような方法で行うのか。
そんな内容も盛り込みながら、技法を記録する。工程を記録する。
そうした映像の記録は、貴重な企業の財産になります。


 ところで、スポーツの世界でも、技術の向上の為に
映像を利用することが、日常となりました。

 コーチの指導通りやっている筈なのに上手くいかない。
そうした選手は、自らの練習の様子を録画し、後で確認します。
自分がイメージしていた動きと、実際の動きが違う。
自分の直すべきポイントを自ら発見できますから、
欠点を納得できないということもありません。
効果的に修正していくことが、できます。

 こうした方法は企業内の技術の習得にも生かせます。
今までは、熟練工の模範的な技法を記録し、
繰り返し真似ることに重きが置かれていました。
それを一歩進めて、技術を習得する側の作業も録画してみる。
そして自ら見直すことで、熟練工との違いを自らが発見する。
そうした方法は、熟練工の指導にかかる負担を減らすだけでなく、
後継者も納得しながら習得できますので、
結果、早く技術が向上すると考えられます。

 映像の活用は、技術の伝承、記録という視点だけでなく、
習得する側の視点に立った方法もある訳です。


 電話の応対、営業トーク、店舗での接客、クレーム対応、
こうした研修などでも、模範例を映像化して指導に生かすだけではなく、
受講する側の姿を録画して、自ら直すべき点を発見させる。
こうした手法を使うことで、身につけて欲しいことを、
効果的に伝えていくことができます。


【3.フリートーク】 シネコンにみる新しい仕組みの功罪
………………………………………………………………………………………

 「ハリー・ポッター」シリーズの5作目。
最新作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」が、
アメリカとカナダの映画館で一斉に公開され、
初日から5日間の総興収が1億4000万ドル余りと、
「シュレック2」の1億2890万ドルの記録をも破って
歴代新記録を樹立したそうです。

 最近、どんどん興行収入の記録が塗り替えられています。
これは世界的に映画館が、複数のスクリーンで上映作品を自由に組める
シネコンに変わってきた為と考えられます。

 シネコンは公開して、当たったとなると、
上映プログラムを変え、どんどんスクリーン数を増やし、
沢山の観客に対応することができます。
従来はいきなり上映館数を増やすことが、
映画館の都合からもできませんでした。

※詳しくは http://www.ichi-ban.co.jp/article/13194517.html


【4.編集後記】 ネット視聴率は表示回数から滞在時間へ
………………………………………………………………………………………

 インターネットの視聴率調査を行っている
アメリカのニールセン・ネットレイティングスは、
これまでページの表示回数(ページビュー)を
視聴率とみなしてきましたが、今後は回数だけでなく、
閲覧した時間も重視すると発表しました。

 名刺代わりにホームページを作ったという会社もあるでしょうが、
ホームページから新しい顧客を獲得したい。
既存の顧客に情報を発信することで、更にサービスを充実させたい。
などホームページの多くは、積極的な目的があって作られています。
ただ、表示されただけでは意味がありません。

 表示回数、閲覧した時間の次は、どれだけ反応があったか。
効果があったか。そうした踏み込んだ情報も、必要になってきます。

※詳しくは http://www.ichi-ban.co.jp/article/13194513.html

 最後までお読み頂きありがとうございました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆ 発行人:メディア・プロデューサー 藤田 智
 ☆ 株式会社いちばん:< http://www.ichi-ban.co.jp/ >
 ☆ E-MAIL:< info@ichi-ban.co.jp >
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック