中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
国別の情報に対する温度差は
 アメリカ、イギリス、日本、中国、フランス、ドイツ、イタリアの
7カ国におけるユーザー発信型コンテンツの利用状況を
調査したレポートによると、利用状況の温度差は
意外に大きかったようです。
 中でも中国は際立って高いようで、
例えばユーザー投稿型の動画コンテンツ(YouTubeなど)
を視聴したことがあるブロードバンドユーザーは、
日本では4人に1人なのに対し、中国は6割。
45~54歳の中年ユーザーの間でも59%が利用している
そうです。(日本は18%)

 また、SNSを活用し、自分の趣味についてオンラインで
語り合う中国のブロードバンドユーザーは実に8割。
SNSで交友を広げ、実際に会ってみることがある人は78%。
日本ではSNSで趣味を語り合うユーザーは半数以下、
SNSで新たな出会いがある人も34%と言います。

 ただし、自由なマスコミ活動が発達している日本と
規制の中で、テレビや新聞に接している国という違いも見逃せません。
インターネットに求める期待も違うでしょう。
とは言え、7カ国中でも日本の利用率の低さは目立っているようですし、
中国のインターネットユーザー数は1億3,400万人を超え、
2011年には2億4,600万人を突破すると言われています。
国内の情報格差の問題も大切ですが、海外との情報格差も生まれないよう、
注目している必要はあるでしょう。


ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト

テーマ:ネットビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック