中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
「儲けのヒント」第11号、配信しました
 メルマガ「メディア・プロデューサーが街で見つけた儲けのヒント」
第11号、配信しました。

 第11号の内容は「乃木坂で目撃していることとは、、、」
「ボディガードは女性秘書?」
「労働時間の規制外し。。。」
「外資系コンサルの真実」北村慶
など盛りだくさん。
「つづきを表示」をクリックしてください。読むことができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【vol.11】
 メディア・プロデューサーが街で見つけた儲けのヒント 2007年5月22日号
------------------------------------------------------------

┃今∥【1.はじめに】   ボディガードは女性秘書?
┃日∥【2.儲けのヒント】 乃木坂で目撃していることとは、、、
┃の∥【3.オススメ情報】 「外資系コンサルの真実」北村慶
┃内∥【4.編集後記】   労働時間の規制外し。。。
┃容∥         発行者:メディア・プロデューサー 藤田智
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

【このメルマガは・・・】
メディア・プロデューサー藤田智が、映像制作者の視点で街をブラブラ。
街で見つけた儲けのヒントを披露します。
隔週で、お届けするメールマガジンです。

フジタからのPR=ビデオ制作なら映像制作会社いちばん
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
【1.はじめに】 ボディガードは女性秘書?
………………………………………………………………………………………

 映画顔負けの話題で、
こりゃいけるというニュースがありました。

 中国のボディガード訓練学校で女性のボディガードを
育てているというのです。
貧富の格差が激しい中国では、資産家を狙った
強盗事件・誘拐事件が後を絶たないのですが、
商談に、ものものしい男のボディガードでは相手に失礼。
そこで秘書ということにして女性のボディガードが同行すると言うのです。
秘書兼運転手兼ボディガードの3役を一人でこなすとなれば、
これは人気となりますね。
日本でも結構、いけるんじゃないでしょうか。

 メルマガ「メディア・プロデューサーが街で見つけた儲けのヒント」
第11号です。


【2.儲けのヒント】 乃木坂で目撃していることとは、、、
………………………………………………………………………………………

 六本木の東京ミッドタウン、丸の内の新丸ビル、
10月末に完成するJR東京駅八重洲口の再開発プロジェクト。
東京の再開発は休むことなく続いています。

 私の事務所は千代田線乃木坂駅が最寄りなのですが、
住所でいうと赤坂9丁目。東京ミッドタウンと同じです。
東京ミッドタウンは、多くの人が六本木と思っているところに
建っているのですが、実は住所は赤坂なのですね。
乃木坂も、そのような住所はなく、
周辺は赤坂か六本木になります。

 さて、そんなことで、日々東京ミッドタウンの賑わいを
眺めているのですが、この状況はきっとどこの開発でも
似たり寄ったりだろうと思っています。

 まず、オープンと同時に猛烈な人手。凄い賑わいです。
東京ミッドタウンばかりでなく、周辺の店舗も行列、行列、行列です。
大きなスーパーマーケットができると、
周辺の商店に閑古鳥が鳴くかと思えばそうとは言えず、
隣の小さな八百屋さんが大賑わいになったりするの、
皆さんも目にしたことがあると思います。
一見すると、全く同じようにミッドタウン効果で周辺の飲食店にも
人が溢れんばかりとなりました。

 しかし、東京ミッドタウンがオープンして2ヶ月近く。
人手が引いていくのが判ります。
何故、スーパーの隣の八百屋さんの場合、
賑わいは絶えないのに乃木坂周辺の賑わいは引いてきたか。
ミッドタウンの賑わいは引いてきたか。
それは客層の問題だと思います。

 スーパーと八百屋さん、どちらも日常の食材を求めている
人たちがお客様でしょう。
いくら大型スーパーと言えども、揃えきれない品揃えはあります。
その辺りを研究して品揃えをするから、
例え隣でも客足が絶えないワケです。
駐車場完備ですからスーパーの商圏は商店街より
広くなります。広範囲から顧客を集めてくれて、
ちょっと隣でリンゴが安かったから買っていこう!
となるのは皆さんご存じの通りです。
今週だって、来週だって、基本的には同じ状況が続きます。

 ところが東京ミッドタウンでは、そうとは言えません。
オープンからの賑わいの中心は高齢者なのです。
高齢の女性グループ、定年後の夫婦が
大挙して押し寄せてきました。
退職金も貰い、破綻していても破綻を認めない国のお陰で
年金も貰い続け、時間もお金も一番ある人たちです。
この方たちは、時間がありますから、入りたいと思った飲食店には
いくら並んでも入りますし、せっかくですからと若干のお買い物もします。
しかし基本的には観光客であり、リピートする人たちではありません。
その上、ミッドタウンの店舗が想定している客層は
働き盛りの男女でしょうから、品揃えが違います。
ですから、飲食店でお金は落としても、
ショップで大きな買い物はしていないと思います。
目的は話題のスポットに出かけることですから、
一度行けば十分でしょう。

 店舗からすれば閑古鳥が一番の恐怖でしょうから
最初は賑わいを喜ぶでしょう。
しかし、リピートする人たちではないし、
本来、固定客にしたい層の人たちは、騒然とした賑わい、
雰囲気など吹っ飛ぶような賑わいに足が遠のいている筈です。

 店から見れば、ターゲットにしている顧客に
実はアピールできていない2ヶ月となっている可能性が高いのです。
勝負することができず時間だけが経過し、
店づくりの良し悪しも判断できないですから、
修正を効かすことも、できないでいるのではないでしょうか。
店の雰囲気を壊された上、勝負が出来なかった。
そんな思いの店長もいることと思います。

 居住棟もあり、大型のオフィスビルを抱えるミッドタウンですから
昼間人口は、どっと増え、重なる客層を持つ六本木ヒルズとの
相乗効果で地域全体が浮上する条件は揃っています。
そうした効果を生かせるか否かは今からの勝負と
なってしまったのではないでしょうか。


【3.オススメ情報】 「外資系コンサルの真実」北村慶
………………………………………………………………………………………

 実際に外資系のコンサルタントたちを使ってきた
経験から、この本は書かれています。
説得力はやはり、そこに尽きるでしょう。

 コンサルタントは一体、何をしているのか。
どういう存在なのか。整理された結論は、
実にシンプルなものでした。

 大企業にいてもコンサルタントの活動に関わる人は
一握りでしょう。しかし、その影響力は増すばかり。
何をする人たちなのか。
存在の意義は?限界は?
そんなことを、一通り考えさせてくれる材料を
判りやすく示してあります。

……………………………………………………………………………PR………
【無料メルマガ「お客様をつくる」配信中です!】
 どんな会社でも、どんな仕事でも、いちばん大切なことは「お客様をつくる」こと。
 でもそれが、いちばん難しいことです。どうやったらお客様をつくれるのだろう。
 お客様に喜んで頂けるのだろう。
 隔週の木曜日、じっくり考えようというメールマガジンです。是非、ご登録下さい。
 http://blog.mag2.com/m/log/0000209572/(HTML形式)
 http://www.melma.com/backnumber_162719/(テキスト形式)
………PR……………………………………………………………………………

 ☆こんなこともオススメ!などどんな些細なことでもいいのでメール下さい!
  必ずお返事します。
  また、取り上げて欲しい話題などもお待ちしています。
  → < info@ichi-ban.co.jp >


【4.編集後記】 労働時間の規制外し導入に意欲
………………………………………………………………………………………

 法案提出は見送られたものの、、
一部の社員を労働時間規制から外す
「ホワイトカラー・エグゼンプション(WE)」、
結局は導入の方向へ向かうのではないでしょうか?

 多様化するライフスタイルに、実体が合わなくなってきた面も
確かにあると思います。
同じ場所に集まって同じ時間働くということの必要性は
結果さえ出せば無いはずです。
しかし現状では、出勤し決まったオフィスで何時間働いたかが
収入を決める大きな要素になっています。
子育てがあって、、、家族の介護で、、、
そんな事情にも対応しやすい働き方は、
もっと模索されて良いのだと思います。

 一方、猛烈なグローバル化の中で、
このまま日本人に高い賃金を払っていては
競争力がつかないと考える企業は、
成果をきちっと上げる日本人だけを残したいと考える筈です。
成果を上げられない日本人をふるい落とす仕組みが欲しい筈です。
誰でもできる仕事は賃金が安くても働いてくれる人たちにやって欲しい。
その時、国籍を問うでしょうか?
この流れは止まらないのだと思います。
これこそが、グローバル化の正体ではないでしょうか。

 最後までお読み頂きありがとうございました。

……………………………………………………………………………PR………
【ミニまぐ「お客様をつくる(ID:M0059959)」無料配信中です】
携帯電話に顧客づくりのヒントを190文字にまとめて配信中。
登録はPCからの場合
 http://mini.mag2.com/pc/m/M0059959.html

携帯電話からの場合
1)「ミニまぐ」 http://mini.mag2.com/ へアクセス
2)検索に「お客様をつくる」 と入力!
3)「登録」を選択し送信すると完了です。
是非、併せてご購読ください。
過去の記事はコチラをクリックしていただければ読むことができます。
 http://backno.mini.mag2.com/r/servlet/MBack?id=M0059959

いちばん大切な「お客様をつくる」こと。
その方法は?喜んで頂くためのヒントは?日々の悩みを解決します。
ミニまぐ「お客様をつくる」ヨロシクお願いします。
………PR……………………………………………………………………………

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆ 発行人:メディア・プロデューサー 藤田 智
 ☆ 株式会社いちばん:< http://www.ichi-ban.co.jp/ >
 ☆ E-MAIL:< info@ichi-ban.co.jp >
 友達に・恋人に・仕事仲間に・取引先に転送はご自由です。
 どんどん転送してください。どんどん口コミで広げてください!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆藤田智って誰?(プロフィールはこちら)
  http://www.ichi-ban.co.jp/category/1158539.html
  MySpace URL: http://www.myspace.com/1ban
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ■購読・解除はご自身でお願いします。こちらから出来ます!
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000203864.html
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック