中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
快調!動画投稿サービス
 動画投稿サービスが思いのほか快調のようです。

 ミクシィは5月9日までに、動画投稿数が20万本を超え、
国内最大級とか。ほかサイバーエージェントの「AmebaVision」は
14万6000本、ニワンゴの「ニコニコ動画」は13万6000本で
ミクシィを追っています。
 またニワンゴの発表によると、5月16日、
「ニコニコ動画」のID登録者数が100万人を突破したそうです。
3月6日の公開から72日目で100万登録を超え、
「国内ネットサービスとしては史上最短」とか。
登録者数は4月は1日平均1万人だったのが、
5月以降1万5000人以上に増え、動画再生数は、
1日当たり1000万回、コメントの投稿数は200万回、
1人平均1日2回以上アクセスし、1日の平均利用時間は28分と
言うことです。

 正直、これほど反応があるとは思いませんでした。
YouTubeが話題になった時、私も投稿して、
どんなものか試したりもしました。

http://www.ichi-ban.co.jp/article/13168416.html

 投稿は意外に容易く、それは驚く感じでしたが、
一般の人には動画を撮ること自体が、写真を撮ったりすることより
非常にハードルが高いのではという意識を持っていました。

 しかし、世界でサービスを展開しているYouTubeは、
一日に一億アクセスを超えていると言いますし、
日本でこうして動画投稿サービスがスタートから好調なのをみると、
私の意識は的はずれだったのかな?と思います。

 一般の人でも動画を撮ることへのハードルはそれ程高く無い。
ひょっとすると、やってみたいと感じている人が多数派なのかも?
となると、遊びや趣味から広がるのでしょうが、
仕事で活用することも、かなりの勢いで進むことが考えられます。

※YouTube(ユーチューブ):アメリカで運営されている、
 動画を共有するためのWebサイトの名称。
 2005年2月に設立され、ユーザーが動画データを
 アップロードして登録・公開し、他のユーザーと共有できる。
 動画データは汎用の画像再生技術Flash形式に変換されるため、
 環境を選ばない動画公開が可能になった。


ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト

テーマ:ネットビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック