中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
仕事の流れを意識したネットからの集客
 企業が商品やサービスを見込客に伝え利用して貰うには、今までもさまざまな手段を使ってきました。その中で今、一番新しく、また対費用効果も高いのではと注目されているのがインターネットを使った方法なのは異論のないところだ思います。

 では、インターネットを使った場合、何が今までの方法と大きく違うでしょうか。
 それは、より全体の流れを意識した集客を考えなければならないということです。
 テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、チラシ、DMなど従来型の方法でも勿論、広告を打つだけではなく、それに対応した問い合わせ窓口を設けるなど考えねばなりませんでした。しかし、ネットでは更に細かい対策を考え実行して行かないと、折角集まってきた見込客がザルから抜け出るように去って行ってしまいます。

 つまり、効果的な広告・宣伝をネット上で行っても、商品やサービスのホームページ、企業のホームページに誘導されてきた後の対策を誤ると効果が出ないと言うことです。

 そこで
情報の更新などホームページの内容の充実(当然、見込客は広告・宣伝によってホームページに誘導され内容を見た後アプローチしてきます。幾らホームページまで来て頂けても仕事を受注できなければ意味はありません。その為には当たり前ですが訪問者を仕事に結びつける工夫が必要になります。)

見込客からのアプローチを成約に結びつける確率を上げるための工夫

仕事受注後の素早い顧客対応(新規顧客のリピーター化を目指して)

SEO(検索エンジン上位表示対策)による訪問者、
 見込客の更なる確保

 ここまでをきちんとやることは、実は大変です。広告や宣伝を行うまでで疲れてしまい仕事が終わったような気になってしまいます。しかし、まだまだスタートなのです。広告や宣伝をきっかけにして、一連の流れとして捉え、その中にネットでの広告や宣伝があるのだと位置付け、初めて継続的にホームページから仕事がくる仕組みができあがるのです。
スポンサーサイト

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
ごあいさつ
はじめまして(*^。^*)/ FC2ブログから飛んできました。私はブログやりだしたばかりで、まだまだ未熟なんですけど…がんばってます。よかったら私のサイトも見てください。また遊びに来ますねぇ~
2005/10/05(水) 17:59:25 | URL | ポット #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック