中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
テレビが崩壊していく
 全日本テレビ番組製作社連盟(ATP、工藤英博理事長)は、
関西テレビ制作の「発掘!あるある大事典2」の
ねつ造問題発覚を機に加盟社(88社)への
緊急アンケートを実施しました。
 62社からの回答によると、
「発注費の10%をキックバックするよう求められた」
「10万円単位の飲食打ち合わせ接待を要求された」
「予算的につらくても制作しないと、次のオーダー(発注)が来なくなる」
など「制作会社がノーと言えない現実を指摘する声が目立った。」
と言います。

 制作する仕組みそのものに問題が無いと言えるでしょうか?
大きなメディアが崩壊していく様を1億人で目撃しているというのが
今なのではないかと思います。

 脳天気な番組を垂れ流し、自己批判できないでいる様を、
目撃者が見捨てる日は意外に近いのかも知れません。


ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト

テーマ:ネットビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック