中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
ジェネレーションY
 フィナンシャル・タイムズのコラムニスト、ルーシー・ケラウェイが、
1980年以降に生まれたジェネレーションYのことで、
面白いことを書いています。
「従業員として彼らが求めるものは、先輩たちと同じ。
良い給料、面白い仕事、認めてもらうことだ。
企業の側は、うちの会社に来ればこの3つは保証すると
はっきりさせておけば、真の意味での才能ある人材は
(若い人材も、それほど若くない人材も)
向こうから次々とやってくるはずだ。」
確かに当を得ていると思います。
でも、それだけで、働く人は満足を得るのでしょうか。
 このブログを読んでいる人で、
今晩の食事の心配をしている人がいるでしょうか?
では、明日は?3ヶ月後は?心配はしていないでしょう。
歴史上はじめて、飢えの心配をしなくて良い時代に
日本は突入しています。

 もっと高い車、広い家、豪華な旅行は得られなくても、
取りあえずの生活はできている社会が実現しています。
すると欲しくなるのは、充実感、達成感、人の役に立つこと、
社会に貢献する目標など、金銭だけではない部分にまで
広がっていくというのが、人という存在のように思います。

 阪神大震災のとき全国から続々と集まったボランティアを見て、
人々がそうしたモノに渇望していることに気づかされました。


ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト

テーマ:中小企業経営コンサルティング - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック