中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
「お客様をつくる」4号配信しました
 メルマガ「お客様をつくる」4号、配信しました。

 3号の内容は「テレビCMとネットCM」
「シングル女性がアメリカで過半数」
「アフィリエイト広告の不正防止」
など盛りだくさん。
「続きを読む」をクリックしてください。読むことができます。

☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─【vol.4】
   お 客 様 を つ く る     2007年2月19日号
★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★

┃今∥【1.はじめに】   アフィリエイト広告の不正防止
┃日∥【2.今日の特集】 テレビCMとネットCM
┃の∥【3.オススメ情報】 国立新美術館
┃内∥【4.編集後記】  シングル女性がアメリカで過半数
┃容∥         発行者:メディア・プロデューサー 藤田智
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

【このメルマガは・・・】
どんな会社でも、どんな仕事でも、いちばん大切なことは「お客様をつくる」こと。
でもそれが、いちばん難しいことでもあります。
どうやったらお客様をつくれるのだろう。お客様に喜んで頂けるのだろう。
隔週で、じっくり考えていこうというのが、このメールマガジンです。

【1.はじめに】 アフィリエイト広告の不正防止
………………………………………………………………………………………

 アフィリエイトは、個人がブログなどのサイトで商品を紹介し、
見た人がそのサイトを通じて商品を買うと、
企業からサイトの開設者に広告報酬が入る仕組みですが、
サイト開設者が報酬欲しさに訪問者を装ってクリックしたり、
誇大表現で訪問者を誘導したり不正行為が増えてきました。
そこで、こうした行為を禁じた指針が、
日本アフィリエイト・サービス協会により定められています。

 不正防止は勿論ですが、果たして「アフィリエイト」を利用して、
どれほど商品を販売できるのか?
販売が難しいからこそ不正が起こるとも考えられる訳で、
ネット広告をどのように利用するか?
どういう場合は「販売にまで結びつける?」「資料請求に留める?」
まだまだ手法は定まっていませんし、定まることなど無いのかも知れません。

 矢野経済研究所の推計によると、
アフィリエイトによる05年度の広告費は314億円。
08年度には1000億円を超える見通しだと言います。


【2.今日の特集】 テレビCMとネットCM
………………………………………………………………………………………

 複数の調査によって、テレビの接触時間が減少する一方、
インターネットの利用時間が増えている現状が明らかになっています。

 テレビというメディアの地位が低くなり、
インターネットへの依存度が高まっていることは確かでしょう。

 しかし、インターネット人気がテレビ人気を下げた
と考えるべきかは疑問です。
最近、NHK、民放を問わず、不祥事が止まりません。
またゴールデンタイムはバラエティ番組のオンパレード。
どこをひねっても同じような番組ばかりです。
視聴者のテレビ離れはテレビ局自らが招いているようにも思います。

 いずれにしても効力は下がってきたものの、
テレビCMには一定の効果があるでしょうし、
マス広告とインターネット広告、店頭プロモーションなど、
さまざまな組み合わせを考えることで、最適な戦略を取るべきと考えられます。

 ブランディングが得意なマス広告と、
能動的に動いたユーザーにストレスを感じさせず情報を提供するWebサイト、
相互補完的な戦略が必要と思われます。


 ヤフーは、ニュース配信サイト「Yahoo!ニュース」に情報を提供する、
新聞社などのニュースサイトにネット広告を配り、広告料金も配分し始めました。
ニュースを提供する利点を訴えて配信元を増やし、
サイトの中身をさらに充実させる狙いと言います。
こうした動きは、広告の提供側から見れば、新しいサービスがどんどん増える中、
何を利用すれば良いのか選択肢がありすぎて
戦術を決めかねる状況を作りかねません。

 ヤフーの昨年の広告事業売上高は約848億円。
一方、電通が昨年2月に予測した06年の国内のネット広告費は約3650億円。
単純計算で2割強を占めますから、広告は集約されつつあるのかも知れませんし、
選択肢は分散しているのかも知れません。
注意深く行き先を見極める必要があります。


【3.オススメ情報】 国立新美術館
………………………………………………………………………………………

 1月21日、六本木に国立新美術館が開館しました。
http://www.nact.jp/

 建築家の黒川紀章さんが設計を担当し、波打つガラスの外観が話題。
見る角度によって色々な表情をみせてくれる素敵な建物です。
国立美術館の新設は77年の国立国際美術館(大阪市)以来、30年ぶり。
展示スペースは国内最大級の1万4000平方メートルを誇ります。
新美術館は既存の国立4館とは違い作品の収集・所蔵は行わず、
企画展開催や美術団体への会場提供に重点を置くとのこと。
デパートの美術館と何が違うんだ?美術館としての意義は?
という疑問も投げかけられました。

 「異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900 - 2005
ポンピドー・センター所蔵作品展」」~5/7(1500円)という企画展を
見に行ったのですが、美術の教科書が展示してあるような錯覚を覚えるほど。
あ、、この人知ってる。この人も知ってる。という意味では楽しいかも知れません。

 一方、入場無料で開かれているのが「黒川紀章展」。
なかなか見所一杯で面白いと思いました。
一人の建築家の仕事史を見渡せるようになっていて
有料の展示に引けを取らない力の入り方です。

 3月にはここから直ぐのところにサントリー美術館もオープンしますし、
ヒルズの森美術館と併せ、日本を代表する美術館が三つ、六本木に集結します。


【4.編集後記】 シングル女性がアメリカで過半数
………………………………………………………………………………………

 アメリカ国勢調査局が発表した2005年の国民の生活実態調査で、
15歳以上の女性約1億1700万人のうち、夫と同居している女性は約5750万人。
約5990万人が未婚や離婚、死別、別居といった理由で夫と暮らしていませんでした。

 60年には35%だったシングル率が、70年に40%に、90年には47%と
右肩上がりに増え、ついに半数を上回ったことになります。

 日本でも15歳以上の女性で配偶者がいない割合は42%(2000年)と高く、
アメリカを追っています。旧来の家族形態にこだわらず、
事実を事実として現実の姿を受け止めなければ、ビジネスチャンスを見逃しかねません。

 最後までお読み頂きありがとうございました。

フジタからのPR=ビデオ制作なら映像制作会社いちばん
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆ 発行人:メディア・プロデューサー 藤田 智
 ☆ 株式会社いちばん:< http://www.ichi-ban.co.jp/ >
 ☆ E-MAIL:< info@ichi-ban.co.jp >
 仕事仲間に・取引先に・友達に・恋人に、転送はご自由です。
 どんどん転送してください。どんどん口コミで広げてください!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆藤田智って誰?(プロフィールはこちら)
  http://www.ichi-ban.co.jp/category/1158539.html
  MySpace URL: http://www.myspace.com/1ban
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック