中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
なぜ、あの会社は儲かるのか?
 早稲田大学ビジネススクールの山田英夫と、
慶應義塾大学ビジネススクールの山根節、共著による
「なぜ、あの会社は儲かるのか?」(日本経済新聞社)
これは視点が新しく、目から鱗という類の面白さです。

 本書は、実際の企業事例を、戦略と会計数字の両方を用いて
説明しています。
例えば「差別化、高級路線は本当に儲かっているのか?」、
「乱売の続く業界で、儲かっている会社の秘密は?」
といったテーマを取り上げ、実際の企業の最新の会計数字を用いて
解説しています。
 数字の裏付けを持って説明しているので説得力抜群。
儲かっているのかを前提に戦略を見ているのですが、
この当たり前のようでいて難しい作業を、具体的に提示しています。

『企業では、はっきり数字で成果を出さないことには、
「話題の製品」「最先端技術」も意味がなくなってしまう。
なぜならば、数字を上げる、つまり儲けることができなければ、
企業は存続できないからである。』
この視点を全編貫いている本書は、読み応え十分ですし、
読者が自ら務める会社を、その視点で見直してみようと思うことは必至です。



ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト

テーマ:経営 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック