中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
初詣とスーパー銭湯
 今年は初詣に神奈川県の弘明寺というところまで
足を伸ばしました。

KICX9217-thumbnail2[1].jpg

 弘明寺は横浜近郊の人なら名前ぐらいは知っているのではないでしょうか。
その歴史は「721年、インドの善無畏三蔵法師が・・・」
と言うほど古いのですが、ちょと知られた土地だというのは、
今どき珍しく門前街の商店街が賑わっていることに理由があると思います。

 しかし今回、初詣の先を弘明寺にしたのは、商店街が目当てではなく、
近くのスーパー銭湯に行ってみようというのが動機でした。
実はスーパー銭湯に行ったことがなく、
どこか行ってみたいと思っていたところ弘明寺を思い出し、
繰り出したという訳です。

みうら湯

 ここのスーパー銭湯は「みうら湯」というのですが、
料金は入浴料金(650円/会員価格)+貸しバスタオル、
フェイスタオル(100円×2)+入会金100円
(会員になると中の食堂でも使える割引が数々)というリーズナブルさ。
神奈川県の銭湯の入浴料は430円ですから、
銭湯に比べても、それほどの差では無い訳です。

みうら湯の2

 地域密着型という感じでしたが、絶える間もなく人が出入りし、
結構な賑わいでした。さまざまな湯船も入浴客を飽きさせず、
スーパー銭湯としての魅力もなかなかでしたが、
もう一つの魅力は弘明寺という立地だと感じられました。

 昔から伊勢参りにしても、遊びとセットだからこその人気だった訳で、
そうした意味では変わらない部分もあるのだと思います。

境内

 弘明寺自身は山の斜面に建っていて、その境内は意外なほど狭いのです。

駅

 昔は広かったそうですが京浜急行の駅にしたり(つまり電車のアクセスは抜群)、
横浜市に譲渡して公園にしたりで、かつての2割ほどの広さとか。
しかし、今の賑わいを見ると土地を譲って周辺を整備したのは
正解だったと思います。
参道にあたる商店街は今どき珍しいほど賑わい、活気があります。
そこに、話題性もあるスーパー銭湯が加われば、
お参り+買い物&飲食+温泉気分という相乗効果が生まれるというもの。
賑わえば賑わうほど人も集まってきます。

商店街

 考えてみれば明治神宮にしても、目の前には原宿、それこそ表参道が控え、
渋谷も目の前、若い人には魅力的でしょう。

川崎大師

 川崎大師にしたって、場所はそれほど行きやすいとも言えないですが、
お寺に続く参道の飴屋さん、煎餅屋さん、饅頭屋さん、
それにダルマ屋さんなどが賑わいを醸しだし、
飲んだり食べたりできるお店も多い訳です。
もし、あのお店がなかったとしたら、果たしてどれだけの人が参拝に行くか疑問です。
成田山にしても駅からかなりの距離がありますが、
そこまでに並ぶお店を覗きながら歩くのが楽しいのですね。

飴屋

 そうした点を完全に押さえているなと思えるのが弘明寺です。
そこに今どきの人気要素、スーパー銭湯が加わったという構図でしょうか。
もちろん、明治神宮や川崎大師、成田山といった規模に比べれば、小さなものです。
しかし、小さな規模だからこそ学べる点もあるのでは?と言えないでしょうか。
いきなり明治神宮や川崎大師の規模になろうといっても無謀ですし、
良いのかも疑問です。

 先ほどご紹介した「みうら湯」というスーパー銭湯、価格もリーズナブルですが、
規模もスゴイ!っていうほどでは無いんですね。
弘明寺も意外とこぢんまりという紹介をしましたが、
一つ一つは、もっと規模が大きく魅力的な施設やお寺はいくつもあると思えます。
でも、セットになっているからこそ、出かけたいというキッカケが生まれやすいとも
言える筈です。

 反対の視点から見れば、ディズニーランドほどの規模になれば、
一日では回りきれないほどの施設を備えていますから、
周辺に何もなくとも集客が見込めます。
では、明治神宮が、川崎大師が、山の中にポツンとあって人は集まるでしょうか?
それを考えると、さまざまな要素を揃えて集客するという方法は強力です。

 同じことは、スーパー銭湯にも言えると思います。
その魅力だけで果たしてどれだけ集客できるのか。
いくら国道沿いという便利な立地にあったとしても、
単独の魅力で繰り返し来てもらうための努力は如何ほどのものでしょうか。

 風呂の楽しさということを考えてみても、
大きければ万能というものでは無いでしょう。
入浴剤など入れて家庭の風呂でゆっくりしたいときもあれば、
多少お金がかかっても温泉に行きたいこともあるでしょう。
行こうかなぁというシチュエーションをどれだけ生み出せるか。
その要素が広ければ広いほど、集客できるのではないでしょうか。
様々なシチュエーションに対応できる、
「お参り+買い物&飲食+温泉気分」という複合力は、強力です。
正月以外にどれだけ集客できるだろうということから考えても、
いくら規模が大きくとも川崎大師が弘明寺に勝るかどうかは疑問にすら思えます。


ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト

テーマ:経営 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック