中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
インターネットの利用
 広告代理店の大広が、インターネットに関する
消費者の動向を調査したレポートを発表しました。

 調査結果によると、PCを持つ世帯の9割が
インターネットに接続し、
月額の通信料金は平均4,500円程度。
自宅でのPC利用用途は、「Webサイト閲覧」が84.7%。
「メール」58.5%、「住所録や年賀状」44.7%、
「DVDや音楽CDの視聴」35.3%。
 閲覧するサイトは、「路線・時刻表・乗り換え案内」が
64.4%でトップ。
「ニュース/天気」60.4%、
「レジャー施設・地図・タウン情報」50.9%、
「旅行・宿泊予約」41.7%。

 特に若い女性は「グルメ」「ファッション・コスメ」の閲覧が
目立つそうです。

 インターネットショッピングの利用回数は、
35%が1回以上利用した経験を持ち2002年に比べると、
経験者は2倍になっています。

 購入したサービスや商品は
「交通機関の予約やホテル・旅行予約」が37.0%。
「書籍・雑誌」36.3%、「衣服・バッグ・アクセサリー類」34.5%、
「音楽CD・ビデオソフト」24.8%。
 交通機関やホテルの予約は、
60代と70代前半の男性の利用が目立つとか。

 また、インターネットで情報収集した商品やサービスでは、
化粧や美容関係は女性だけなら3割、
衣服関係も20代までの若い女性層で閲覧率は5割を超えています。

 少し詳しくご紹介しましたが、この流れはまだ拡大すると
考えるべきでしょう。
下がってくる要因が見あたりません。
そんな影響はさまざまな場面で現れるはず。
注意して見ていきたいですね。


ビデオ制作は映像制作会社いちばん
スポンサーサイト

テーマ:ネットショップ - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック