中小企業のいろいろな悩みを解決するために作られた作戦室が、 このブログ「頑張れ中小企業」です。
映像では伝わりにくい迫力
大相撲秋場所千秋楽。たまたま家でテレビを点けたら
>>続きを読む
スポンサーサイト
太陽を写真に撮ろうと
今日の湿度、東京で夕方4時に20%だったとか。夏至も近づき太陽が高く上がるようになりましたが、その割に暑さを感じない筈です。ところで、そんな頭上の太陽を写真に撮ろうとしたのですが、、、→続きはコチラ http://www.ichi-ban.co.jp/article/15354531.html
[動画撮影のポイント] 屋内は光に注意
屋内は光に注意したいものです。
屋外で撮影するときに比べると、暗いのは仕方ありませんが、
最近のビデオカメラは性能が格段に向上しています。
下手に撮影用のライトを照らして影をきつくするよりも、
できれば部屋の電灯や外光を生かして
撮影したほうが良いでしょう。

部屋に外光が入ってくる場合、
電灯の明かりと外光がミックスされます。
強い光が外から入ってくることになりますから
被写体の位置や向きには特に気を使いたいものです。

詳しくは以下のURL
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ichi-ban.co.jp/article/14525206.html
一人で映画を作ったら・・・
俳優の浅野忠信さんの作品です。
さすが!センスいいです。
一人でここまで出来るんですね。

ナレーションが上手いだけで
これだけのクオリティになるとは言えませんが
ナレーションが良いことで
高いクオリティを感じさせてくれます。

http://www.ichi-ban.co.jp/article/14523123.html
[動画撮影のポイント] 背景はシンプルに!
 背景をシンプルにすることで被写体が引き立ちます。
被写体に自然に目が行くように
画面のサイズや背景も考えたいものです。

詳しくは以下のURL
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ichi-ban.co.jp/article/14521961.html
>>続きを読む
[動画撮影のポイント] カメラは広角こそ大切
CMではよくカメラのレンズの倍率を誇っていますが、
実際に使い勝手が良いのは広い範囲が撮れるかどうかです。
ズームの倍率は低くても近づけば大きく撮影することはできますが、
広い範囲を撮ろうとすると下がっていくしかありません。

詳しくは以下のURL
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ichi-ban.co.jp/article/14458616.html
>>続きを読む
[動画撮影のポイント] ピントは大丈夫?
 バカにするなと怒られそうですが、
ピントは一番に確認したいものです。
後で撮影した映像を再生した時、
イイ場面は撮れているのにと思いながらも、
困ったなぁという場合、
フォーカスが甘い=ピントがしっかり合っていないことが
多いものです。

続きはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ichi-ban.co.jp/article/14450261.html
[動画撮影のポイント] 光源を背にして
順光(じゅんこう)という言葉、耳にしたことあると思います。
カメラの後ろから被写体に向かって
光が照らされている状態のことです。
被写体は明るく照らされるので、形や色がはっきりし、
きれいに写ります。

全く影が無くなってしまうと立体感がなくなり
平面的な画像になってしまいますが
完全な順光になる場合は少ないでしょう。
http://www.ichi-ban.co.jp/article/14447170.html